報告:全国水源の里シンポジウム

2019年11月11日

地元出身ということで、香川県で開催された「第13回全国水源の里シンポジウム」のパネラーとして登壇させていただきました。

ホストは、香川県まんのう町とお隣の琴平町。

まんのう町には、弘法大師が修復したことで有名な日本一の貯水量を誇る「まんのう池」があります。

※周囲は約20㎞。与論島よりちょっと大きめです。

シンポジウムには、総務省、国土交通省、農林水産省はじめ、全国の水源の自治体から約250名が出席しました。

今回のテーマは「関係人口」。

基調講演は、鉄道オタクで、仏像好きで、島根を拠点に活躍するローカルジャーナリスト田中輝美さん。

講演のなかで、印象に残ったのは、過疎地の一番の課題は「諦めの払拭」であるということ。

”関係人口”が、「諦めの払拭」につながることを事例でわかりやすく説明くださいました。

また、ふるさと難民の若者にとっては、「地域の課題≒役割がある」「しがらみ≒つながりがある」が魅力資源、その資源を求めて若者が地方に向かう時代になったという話を実体験から紹介されました。

そういえば、奄美にきた学生から、「奄美で就職したいんです」、「奄美で結婚したいんです」と相談を受けることもしばしば。

時代の変化をしみじみ実感です。

水源をもつ自治体の多くは、奄美よりもずっとずっと過疎化が進んでいる地域。

奄美よりももっと深刻な空き家問題。

夜の懇親会では空き家談義となりました。

 

でも、かなりエネルギッシュな行政マンや議員の方ばかり。

あらためて気合いが入ったし、ふるさと発見の良い機会となりました。

 

そして翌日は、エクスカーション。

まんのう町の先進的な取り組みを視察しました。

場所は、徳島県との県境にある「ことなみ地区」

標高600~800mにあるので、(阿蘇と同じくらいですね)。高原キャベツの生産が盛んで、キャベツ御殿なるものも建っているとのこと。

知りませんでした・・・。灯台下暗しです。

視察場所は、旧琴南中学校。

最後は生徒6人だったと言います。

いまは、Uターンした芸術家夫妻を中心に「やまなみ芸術祭」というネーミングで、様々な芸術作品が展示された小さな美術館となっていました。

美しい山並みを見せるために、柱を減らした中校舎建築。
3町合併で廃校になった琴南中学校。
地元こども園の園児が作った段ボールのプラネタリウム

そして、もうひとつ驚いたのが、「ことなみ未来会議」という民間組織。

今年で3年目。NPOと同い年です。

立ち上げこそ町が かかわりサポートしたものの、あとは、徳島大学大学院の田口准教授と住民だけで組織化し、活動しているというのです。
※町は、活動する各部会にスタートアップのために3年間、50万円/年を助成。

そのなかのひとつ、「高齢者部会」では、お弁当屋さんが、高齢者向け見守りサービス付きの宅配弁当の拠点になってました。いまでは、歯科医院への送迎なども行っているそうです。

高齢者向けのお弁当。お味噌汁付き。毎日楽しみなほどカラフル。

つながりのできた自治体のみなさまと今後も課題や悩みを共有して、NPOも新たな空き家活用のアイデアを見つけて、実践していきたいと思います。 

慌てて土地を買う前にしま暮らし体験しませんか。

2019年10月20日

奄美群島への移住希望者向けのフリー滞在プログラムを利用し、神奈川県からファミリー移住を検討中のRNさんが、当法人のプログラムに参加されました。

プログラムは、龍郷町円集落にあるDIY住宅見学

 

奄美の空き家のスタンダードともいえるシロアリ被害にあった物件をDIYしている物件です。

奄美の家のつくりやシロアリ被害をじっくり観察する参加者

RNさんの希望で、NPOのサブリース物件の見学、

ちょっとした畑付き1軒家に大喜び

 しま暮らし体験住宅「なかほ」を見学されました。

 

奄美に何度か足を運んでいるものの借家が見つからず土地を買おうか悩み中のRNさん。

台風も経験していないというので、慌てて土地を買うと失敗することも説明。

まずは、しま暮らし体験住宅に滞在しながら、集落の方と仲良くなって土地購入を考えても遅くはありません。

もしかしたら、希望の借家が見つかるかもしれません。

みなさん、移住は慌てずに。

★★★★★

NPOが提供するしま暮らし体験住宅はこちら。

なかほ(龍郷町戸口/空き家再生住宅/集落ど真ん中)
match guest house(龍郷町龍郷/新築住宅/集落のはずれ)

\お知らせ/match guest house 一般向けオープンハウス

2019年10月15日

昨日は雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、
龍郷集落の方に向けた『match guest house完成お披露目会』を執り行うことができました。
 
集落の方による「八月踊りと唄」という感動的のフィナーレでお祝いいただき、今日も余韻に浸ってます。
 
さて、一般の方に向けたオープンハウスも開催します。
 
龍郷集落のサブリース物件の内覧も同時開催いたしますので、この機会に是非見学ください。

match guest house(まっちゲストハウス)のご案内

2019年10月13日

奄美群島のシマジマで地域と暮らしたい人を繋げる場を作る

match guest house(まっちゲストハウス)のご案内です。

場所は龍郷町龍郷にあります。

 

シングルカップル向けのコンパクトな規格住宅。

 

 

2泊からご利用いただけ、ウィークリー、マンスリーのご利用もおすすめの料金設定となっています。

 

 

ご予約はこちら

\お知らせ/matchguesthouse(マッチ)完成お披露目会

2019年10月6日

NPOねりやかなやレジデンスが提供する、
しま暮らしを検討中の方のお試し暮らしや、コンパクトな新築を考えていらっしゃる方のモデルハウスです。

第1号がついに完成しました!

集落の方向けに、完成お披露目会を開催します。 

ささやかではありますが、軽食と飲み物をご用意します。

=========================
日時:2019年10月14日(月・祝) 15時~17時
  ※1500~開所式を開催します。
  ※雨天の場合は、龍郷公民館で開催します。
  ※台風19号により順延の可能性があります。
場所:龍郷町龍郷271(龍郷小学校第2グラウンド前)
問い合わせ:070-6656-0278(佐藤)
========================

室内の様子をちょっとだけご紹介します。

猛烈すぎる台風19号が接近中

2019年10月6日

本日発生した台風19号(ハギビス)。

間違いなく奄美に向かってい模様。

1週間後の10月12日には、中心気圧915haの予想。

昨年猛威を振るった台風24号が935haだったと思うと、結構いまからびびりまくってます。

消火器の設置について

2019年9月28日

宿泊施設の消火器の設置基準について消防法では、

①延べ面積150㎡以上のもの、
②地階・無窓階・3階以上の階で床面積が50㎡以上のもの

と定められていますが、

奄美大島地区の場合は条例によって、すべての宿泊施設に設置が義務付けられています。

さらに、設置する消火器は、「粉末式」かつ「能力A2,B3,C」に該当しないといけません。

詳しくは、「民泊の消防法令上の取り扱い等について」総務省消防庁

まだまだ続く荷物整理

2019年9月27日

NPOがサブリースしてくれるなら、貸してみようかな。

という、オーナー。

でも、幼いころに育った思い出のつまった家。

誰かに貸す=たまに使っていたのに使えなくなる。

いざ契約書にハンコをつく段階になると、躊躇してしまいます。

心が決まるまでの間、一緒に荷物整理をすることにしました。

「いるもの」

「誰かに使ってほしいもの」

「いらないもの」

「迷ってるもの」

に分類してもらい、いるものは自宅に持ち帰ってもらい、いらないものは処分していただきます。

ほんの数時間前に「いらない」と決断しても、「やっぱり使うかも」と思い直す物はたくさんあります。

明日は、粗大ごみの日!

そんなタイミングをきっかけにして、いらないものは処分します。

軽トラがようやく1台通る道から運び出します

粗大ごみを処分する

2019年9月23日

NPOがサブリースを交渉しているとある物件。

荷物整理が続いております。

なるべく費用を抑えたいと、年輩のオーナーさんせっせと自分たちで処分します。

でも、重たいものや大きなタンスなどはなかなか手が付けられません。

どうやって粗大ごみに出したらよいのか、そもそも粗大ごみなのか、迷うものはたくさんあります。

そこで、龍郷町役場に電話して聞きました。

原則は、タテヨコ高さが、90cm、90㎝、180㎝以内のものは粗大ごみ。それ以外は、解体して粗大ごみとして出すかクリーンセンターに持ち込みます(有料)
※龍郷町のHPでは、燃える粗大ごみは巾120㎝、高さ300㎝以下となっていますが、古い情報だそうです。
町指定ゴミ袋に入らない大きさい入るものは極力ゴミ袋に入れて出すのが良いでしょう。

■8竿もあるタンス・・・💦
『タテヨコ高さが、90cm、90㎝、180㎝』を超えるものは、とにかく粗大ごみになるように解体します。

 

■鏡台は、上下分けて燃える粗大ごみ(引き出し部分)と見えない粗大ごみ(鏡部分)出せば粗大ごみOK

■米櫃付きのキッチンラック…こちらは粗大ごみOK

 

■食器洗浄機…燃え相粗大ごみOK

■ガスコンロ…燃え相粗大ごみOK

■ゴルフバッグとゴルフクラブ…ゴルフバッグは小さくして町指定のごみ袋、ゴルフクラブは燃えない粗大ごみOK

■石油ストーブ…灯油を抜き燃えない粗大ごみへ

年季もののカラオケセット…もちろん粗大ごみOK
でも、売れるかな?

ブラウン管テレビ…こちらは家電リサイクル。

■消火器は、購入した店舗もしくは専門業者に引き取ってもらいます。
有限会社近代消防センター(名瀬石橋町17-27)
メーカーリサイクル料 550円(2019/10/1~)
メーカーまでの送料 1,000円(4型の場合)+消費税

■カセットボンベのようなスプレー缶は、中身を抜いて燃えないごみ

このほか、
燃えない粗大ゴミとして、電子レンジやスーツケース、掃除機、コタツ、扇風機、ミシンなども出すことができます。

まずは、役場に問い合わせるのが一番です。

親切丁寧に答えてくれますよ。

===================
龍郷町役場 生活環境課
894-0192 鹿児島県大島郡龍郷町浦110番地
電話:0997-69-4525