【開催報告】秋の移住体験イベントin奄美大島 2日目

2018年11月15日

11/9、11/10、秋の『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』を開催しました。
今回の参加いただいたのは京都府在住のYOUKOさん。

海外と日本の二地域居住を考えているYOUKOさん、そんな暮らしができる場所や住まいがあるのか知りたい!と参加されました。

昨晩を過ごした節子(せっこ)集落にあるDIYハウス「海沿いの家」は、なんと徒歩すぐのところにビーチが広がります。

誰もいないから、プライベートビーチ。

流木をテーブルに朝食。

海際を歩く小鳥たちや、森から森へと渡る野鳥を見ながら、生き物好きのYOUKOさんは大感激の様子。

今回は時間の都合で渡れなかった加計呂麻島を望みに、高知山(こうちやま)展望台へ。

大島海峡を一望。

ここでもサシバやメジロなどの野鳥が自由に飛び回っていました。

季節外れの緋寒桜も見られました。

午後は、瀬戸内町の阿木名(あぎな)集落の空き家を見学。
空き家の持ち主の方に案内していただきました。

1か月前まで人が住んでいたので、室内は意外ときれいです。

でも、退去したのには理由がありました。

床の土台の木材が、多分シロアリにやられていたのでしょう。

床が抜け落ちかけています。

ここまでくれば、いっそのこと土間もありかもしれません。

ちなみに、阿木名集落には、自衛隊の官舎が建つ予定で、現在600人の人口は、1000人近くになるそうです。さらに、珍しいことに下水が整備されていて、トイレは水洗というのに、少し魅力を感じてしまいました。

ランチは、HUB a nice d!(ハブアナイスディ!)の海老カツバーガー。
空き家を改修した交流拠点です。

この空き家もシロアリ被害が甚大で、結局わずか数本の梁と柱しか残せなかったようです。

そんなシロアリの被害といえば、龍郷町にある山裾の家「えんハウス」。

入居者が退去して、再度リフォームしようと内壁を剥がしたら・・・
梁がほぼ再起不能な状態であることが判明。

住居ではなく改修現場見学ハウスとして、そして、DIY教室やったりする場所として使うことに決め、第2弾改修を始めました。

そんな現場を見学。

シロアリ被害の様子も隠さず見せます。

シロアリに食われた梁を見たYOUKOさんが、ひとこと。

「自然の造形美ですね!」

・・・

「私、ここに住めますよ!」

・・・

そんな方もいらっしゃるとは・・・

YOUKOさんなら、家はすぐに見つかるのかも知れません。

ただ、住まいを見つける前に、自分が馴染める場所探しが重要だと気付いたYOUKOさん。

YOUKOさん、また奄美にお越し下さいね。

NPO法人ねりやかなやレジデンスでは、移住希望者向けに、住まいを中心としたイベントを開催しています。
次回は、2019年2月23日(土)です。
お待ちしています!

【開催報告】秋の移住体験イベントin奄美大島 1日目

2018年11月15日

11/9、11/10で秋の『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』を開催しました。
今回の参加いただいたのは京都府在住のYOUKOさん。
会社員であり、手拭作家であり、絵師という多才な方です。

とにかく生き物が大好きなYOUKOさん、奄美にも何度か来た経験があり、騒々しい都会を離れ早く自然豊かな場所で暮らしたいと考えているそうです。
海外と日本の二地域居住を考えているYOUKOさん、そんな暮らしが本当にできるのか知りたい!と参加されました。

初日は、大島北部の空き家見学からスタート。

相続未登記のため、奄美市の空き家バンクに登録できない物件です。

建物の状態は、空き家のなかではかなりよい状態に見えます。

シロアリの被害もあまりなさそうです。

トイレは汲み取り式ですが、YOUKOさんは気にしません。

虫も平気なんだそうです。

つわものです。  

荷物が大量に残されたままというのがネックですが、一人暮らしなら、たくさんある部屋のひとつを倉庫にしても問題なし。

後ろ髪をひかれながら続いては、先輩移住者のお宅訪問です。

移住10年ほどの木工作家で木工ショップKOSHIRAERUを経営する寳園ファミリーを訪ねました。

奄美の人々の手仕事に魅了された当時の話や、奄美の自然の素材を活かした作品でどうやって生計を立てていくかなど、話がはずみ気づくと夕方近くになってしまいました。

今日の最終目的地は、奄美大島南部瀬戸内町にある節子(せっこ)集落。

奄美大島中心地の名瀬から来るまで約1時間。

ここに、当NPO法人が改修をサポートしたDIYハウスがあります。

夜は、この場所に瀬戸内町内の移住者が集まり、移住して気づいたこと、移住の心構えなどをかなりリアルに教えてくださいました。

ひとことで”島暮らし”といっても、集落によって人間関係の密度や集落での役割、忙しさなど大きく違うということを知り、もっと島に通い滞在しながら、自分の住処を見つける心構えができたようでした。

2日目につづく。

地域活性化センターの視察受入れ

2018年11月3日

地域活性化センターの「全国地域リーダー養成講座」の一行10名が奄美大島に来島しました。

中心メンバーは、全国の若手自治体職員。

今回は、奄美大島でまちづくり活動などに取り組む各種団体を視察されるそうです。
※地域活性化センターは、ひとづくり、まちづくり等地域社会の活性化のための諸活動を支援し、地域振興の推進に寄与することを目的として設立された一般財団法人。主な会員は都道府県や市町村。
※全国地域リーダー養成塾は、様々な分野で既存の枠にとらわれない斬新かつ大胆な発想のできる地域のリーダーを養成するため、平成元年に誕生、1000名を超える地域リーダーを養成。塾生から首長が誕生するなど、各界から評価が高い事業。

当NPO法人も視察を受けいて、空き家活用の活動について報告しました。

現場を紹介できなかったことが残念でしたが、意見交換をするなかで、先進的な自治体の取り組みを聞くことができました。

家屋が建っていなくても住宅用地であれば固定資産税減免の特例があるという自治体もあり、廃屋に頭を悩ませていた自治体に一筋の光が見えたようです。

龍郷町りゅうがく館にて

東洋大学と空き家空き地を調査

2018年10月28日

10月24日~10月31日の8日間、東洋大学国際地域学部の学生21名を受け入れました。
フィールド調査を行い、自分たちで課題を見つけ解決策を考えるという授業の一環です。

龍郷町龍郷集落では、地元の方の案内で空き家空き地調査を実施。

63もの空き家、空き地が見つかりました。(速報値)

調査の様子は、南海日日新聞に取り上げていただきました。

調査のとりまとめを、年内に行い、年明けに報告予定です。 

2018年台風24号の爪痕

2018年10月10日

9月29日から襲来した、猛烈な台風24号。

風が収まった1日、周辺の被害確認へ。

写真で様子をお伝えします。

吐き出し窓どっかに飛んでってます
道路一面に打ち上げられた海の砂
道路一面に打ち上げられた漂着ごみ
倒れたブロック塀

 

屋根が飛ぶ
集落街頭が転倒
デイゴの大木が根元から折れる
山の木々は潮枯れ

 

外れた雨どいで家の角が外れる
ほとんどの雨どいが外れる
雨戸が外れ変形
外壁外れる

電気が丸2日間、電波は数日間、電線が垂れて道を塞ぐ箇所もあり、日常に戻るのにはまだまだ時間がかかりそうです。
後日談)徳之島伊仙町では、停電が10日間ほど続いたところもあったようです。

また、NPOが管理しているえんハウスの隣も空き家ですが、倒木やはがれた瓦屋根が飛んで来てました。

空き家の持ち主が分かるので状況をお伝えすることができるのですが、もし持ち主が不明だったとしたら・・・。

隣の空き家から倒木が倒れこむ

奄美群島で、空き家等対策計画があるのは、12市町村中2町(徳之島天城町、沖永良部島和泊町)にとどまっています。
※鹿児島県内では、約半数の自治体が計画を策定しています。

早く、対策を講じてほしいと願います。

■□台風24号に関する新聞記事まとめ□■
奄美市名瀬港で灯台が消失!(朝日新聞社/2018年9月30日)
停電8万戸(南海日日新聞社/2018年10月1日)
空き家問題浮き彫り(南海日日新聞社/2018年10月8日)
奄美群島の住家被害3810棟(南海日日新聞社/2018年10月14日)
台風24号襲来1か月の与論(南海日日新聞社/2018年10月29日)
割れた車の窓ガラス修理追い付かず(南海日日新聞社/2018年10月31日)

【開催報告】移住体験イベントin奄美大島 2日目その3

2018年10月9日

9/21~9/21で実施した『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』
千葉県の会社員のKMさんにご参加いただきました。

ダイビングが趣味のKMさん、いつか南の島に移住したいな~と考えているそうです。
今回は、ペットの猫たちと一緒に住める家があるかが知りたい!と参加。
最終日、ペットと住める家は見つかったのでしょうか・・・。


移住して起業した、奄美伍郷商店(カフェテリア)オーナーを訪問。

空き店舗を自分たちでリフォームしていました。
初めてのDIYだあそうですが、珪藻土の壁やディスプレイなどかなりのかっこよさでした。

サラリーマンから起業家に転身したわけを聞くと、
「将来がどうなるかみえないほうがわくわくする!」とオーナー。
これから期待しています!

さて夜は、移住者のお宅で地元の方や先輩移住者の方との交流バーベキュー!

空き家を借りようと思って5年間島に通い続けたのに見つからず、海沿いに土地を購入して家を建ててしまった!という移住者の方に、経験談(失敗談も)をうかがいました。

この日は、ペットを飼っている方を中心に集まっていただきました。

一軒家でもなかなか大家さんの許可が出ない物件が多いこと、家賃がそれなりのマンションならあるけれど空きが出ないこと…みなさん苦労していました。

   

「運」以外でペット可の物件を見つけるには、本当にぼろーい一軒家を改修するか、新築かの2択になることがわかり、参加者のKMさんはより移住のイメージが鮮明になったようです。

後日、参加者のKMさんより次のメッセージ(抜粋)をいただきました。
是非、何度も足を運んで、じっくり検討してくださいね!
「こんにちは!この度は色々とお世話になりました!今回は様々な方のお話を聞けて、移住したいなっていう漠然とした思いだったのが、はっきりしてきました…まずはお金を貯めつつ、色々と計画していきたいと思います!(台風が来なければ!)来週も奄美に行きます」


NPO法人ねりやかなやレジデンスでは、移住希望者向けに、住まいを中心としたイベントを開催しています。
次回は、2018年11月10日(土)、2019年2月23日(土)です。
お待ちしています!


【開催報告】移住体験イベントin奄美大島 2日目その2

2018年10月8日

9/21~9/21で実施した『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』
千葉県の会社員のKMさんにご参加いただきました。

2日目の午後は物件見学です。


住用町の市(いち)集落と戸玉(とだま)集落にある奄美市管理の定住促進住宅を見学しました。
役場の方が、病院やスーパーなど日常生活のこと、前に住んでいた方がどんなことに不便を感じていたかなど教えてくれました。


定住促進住宅にも家賃相場があり、大島北部奄美市笠利町は2~3万円、名瀬のまちなかが3~4万円、南部の奄美市住用町は、1.7~1.8万円となっています。
詳しくはこちら(奄美市ホームページにリンク)

住用の観光も少し。

モダマの自生地。
大型のつる植物で、5月頃から初夏にかけて大きな豆がぶらさがります。
サヤは大きなもので1メートルにも!
今回は、時期外れで青々として豆は見ることができませんでしたが、
夏のような暑さを少しやわらげてくれる森でした。


奄美でも有名な農産物・加工品の直売所「サン奄美」に立ち寄って休憩しながら、今日のおさらい。

市街地名瀬に戻り、定住促進住宅を見学。
名瀬は人気なのでなかなか空きはありません。
今回は、入居者のご厚意で見学させていただきました。
築45年の市営住宅をリフォームした物件です。

その後、市内のスーパーなどを見学。

24時間営業のコンビニや大型スーパー、ドラッグストア、100円ショップ、レンタルビデオ店やファーストフード店もあります。
日常生活に必要なものは、フェリーが欠航しない限り困ることはありません。
本土の田舎よりも意外と都会な奄美大島の市街地なのです。

そして、イベントも終盤を迎えます。(つづく)

 


NPO法人ねりやかなやレジデンスでは、移住希望者向けに、住まいを中心としたイベントを開催しています。
次回は、2018年11月10日(土)、2019年2月23日(土)です。
お待ちしています!


【開催報告】移住体験イベントin奄美大島 2日目その1

2018年10月8日

9/21~9/21で実施した『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』
千葉県の会社員のKMさんにご参加いただきました。

9月22日の朝の空 KMさん撮影

2日目のスタートは、奄美大島南部の瀬戸内町節子(せっこ)集落にある、空き家を改修した海の近くにある通称ビーチハウス(youtubeで改修の様子がご覧いただけます)の見学。
NPOが改修をサポートしました。

瀬戸内町まではKMさんの滞在先から1時間半の距離なので、
途中、マングローブパークで休憩して、目的地に向かいます。

道の駅住用マングローブパーク

この日は快晴で、伊須湾もご覧の通りのエメラルドブルー!

空き家を改修したビーチハウスのある伊須湾

そんな景色を眺めながら、ビーチハウスに到着。

手入れの行き届い庭と、ワンルームの空間に吊られたハンモックに参加者は一言。

「こんな暮らしがしたい!」

公営住宅やアパートはペット不可の物件が大半ですが、こうした1戸建ての空き家なら大家さんと交渉すればペットを飼えることもあります。
ペットと暮らすイメージが少しわいてきたようです。

見学を終え、奄美大島をさらに南下し、奄美大島南部のまち瀬戸内町の古仁屋(こにや)へ。

瀬戸内海の駅のお魚屋さんでカラフルな魚たちやイセエビにご対面!


ランチは、知る人ぞ知る、奄美市住用のハナハナ茶屋で郷土料理の豚骨煮やピーナツ豆腐などをいただきました。
この日居合わせたお客さんは、大阪で暮らす出身の方、たまに帰ってのんびりしているのだそう。
お店の周辺にも移住者の方が住んでいるのよ~と会話が弾みました。



腹ごしらえしたら、午後は、奄美市住用(すみよう)町をめぐります。(つづく)

次回は、2018年11月10日です!詳細こちら

【開催報告】移住体験イベントin奄美大島 1日目

2018年10月7日

9/21~9/21で実施した『住まい特化移住体験イベントIN奄美大島』
千葉県の会社員のKMさんにご参加いただきました。

ダイビングが趣味のKMさん、いつか南の島に移住したいな~と考えているそうです。
今回は、ペットの猫たちと一緒に住める家があるかが知りたい!と参加。
見つかったのでしょうか・・・。

まずは、移住ファミリーが経営する島豚バーガーショップ「イズムリカフェ」でのランチ。
島豚バーガーが絶品なことはもちろんですが、オーナーが1年以上かけてリフォームしたおしゃれな店舗も見どころです。

1日目のメインは、奄美大島北部奄美市笠利町の移住者訪問。
今回は、奄美市の定住促進住宅に住む移住者を中心に訪問しました。
笠利町の定住促進住宅は人気で、空きはなく、もし空きが出も応募者が多くかなりの倍率になります。
しかも、ペットは禁止です。

奄美市笠利支所で説明を受ける

先輩移住者Kさんは、子育てのために自然豊かで無駄なストレスの少ない場所を探していたところ、来島経験のあった奄美大島で仕事と家がタイミグ良く見つかり移住。
驚いたのは、生活費がそれほど安くないことだったといいます。
東京では不要だった自動車は必需品となり、食品などの物価も高いのが島なのです。
集落によって、祭祀や集落活動、移住者に対する意識など全然違うというアドバイスもいただきました。

昨年移住したばかりのIさんからは、夫婦ともに会社員だった場合の注意点や引っ越し費用を抑えるテクニックなど、目からうろこの話をたくさん教えていただきました。


移住者のお宅訪問

高倉のある定住促進住宅に住む移住者にも出会いました。
この物件、公開して数時間で問い合わせが殺到し、すぐに募集終了となったほど人気のある物件だったようです。
住まい確保は、タイミングですね。


移住者のお宅訪問

ここで少し休憩。
広い太平洋を望むあやまる岬観光案内所「みしょらんカフェ」。
奄美のお店や特産品などを奄美市の職員から教えてもらい、一息ついて奄美大島の中心部名瀬に向かいます。



あやまる岬観光案内所

名瀬も、移住者向けの公営物件は現在空きがありません。
お住まいの方に許可をいただいて内見させてもらいました。
市営住宅を改修して移住者向けに賃貸している定住促進住宅は、きれいにリフォームされていて、3万円台。しかし、ペットの飼育は禁止。

45年物の市営住宅

民間物件も見せていただきました。

空き家をリフォームして、1階を簡易宿所、2階を長期滞在者向けのシングルルームとして賃貸するそうです。

残念ながらペット不可。

この日、ペット可物件は見つかりませんでしたが、移住のイメージは少しずつつかめたようです。

夜は、元ミュージシャンでいまは農家の移住者つっちーが経営する創作キッチンbarくらふとで、先輩移住者との懇親会を楽しみました。 

つっちーが作る糖度20度超えのパッションフルーツ
つっちぃの新作 パッションフルーツサイダー

翌日は、奄美大島の南部と市街地をめぐります。(2日目へ)

 

次回は、2018年11月10日です!詳細こちら

日よけには簾

2018年10月14日

日よけに使ったのは、特大簾。

目隠しにもなります。

まずは、庇の下に突き出ている垂木に、ねじフックを取り付けて、針金でフックにすだれをかけます。

簾は、単にぶら下げるだけだと面白みに欠けるので、近くの海岸で拾ってきた大きな貝で隅をとめてみました^^

室内からは開放感満載です!

でも、夜室内に照明がついても、外から室内は見えません。

マジックミラーみたいですね!

室内からの風景

使わないときは、くるくるとひもで巻き上げます。

猛威を振るった台風24号でも、この巻き上げたすだれは無事でした。

くわばら、くわばら。

簡単にできますので、みなさんも是非お試しくださいね。