キャンセルが出ました!しま暮らし体験ハウス「なかほ」

2019年9月18日

しま暮らし体験ハウス「なかほ」(龍郷町戸口/奄美大島)、

キャンセルが出たため、

10月22日(火)~11月10日(木)空室となっております。

この期間は、島の暮らしを知る絶好のチャンス!

10月24日~25日、龍郷町のあちこちで伝統行事の「種おろし」が行われます。

五穀豊穣を願うお祭りで、かつては数日間かけて1軒1軒家を回りながら夜を踊り明かしていたといいます。

今は、新築の家と集落のさらに小さなエリア「班(はん)」を順番にまわりるようになったので、午前零時を過ぎたころにはお開きとなる集落が多いようですが、それは、参加してのお楽しみ。

広場では、老若男女が唄い踊る
次の広場に向かう道は人で溢れかえります

しま暮らし体験ハウス「なかほ」に滞在しながら、この機会に是非「種おろし」を体験してみるのもいいですよ!

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

———–予約・問い合わせ先———
NPO法人ねりやかなやレジデンス
予約お問合せフォーム

コンパクト規格住宅「match guest house(マッチゲストハウス)」

2019年9月10日

match guest house(マッチゲストハウス)といいます。

もうすぐ竣工

NPOねりやかなやレジデンスが提供する、
しま暮らしを検討中の方のお試し暮らしや、
コンパクトな新築を考えていらっしゃる方のモデルハウスです。

モデルハウスは、龍郷町龍郷集落のはずれにあります

予定よりも早く完成予定で、いろんなことが間に合っていませんが💦

10月末には、滞在可能になる予定です。

詳しくは、WEBで!
って、まだWEBも間に合っていません💦

夢は、奄美群島、そして全国展開です!

しま暮らし体験ハウス「なかほ」のご案内

2019年8月28日

しま暮らし体験ハウス「なかほ」は、田舎のおばあちゃん家に泊まる感覚でお使いいただける一軒家です。

奄美空港から車で約30分、

奄美大島龍郷町戸口集落、戸口川沿いにあります。

運が良ければコウノトリに出会える戸口川

【施設概要】

住所:鹿児島県大島郡龍郷町戸口1825(ビッグⅡから車で3分)

料金

①戸口集落にお住まいの方のご予約
 1名3,000円/泊(1名追加ごとに+1,000円/泊)
※布団が不要のお子様は無料です。
※2019年12月末までの料金です。

②一般の方のご予約
 1名6,000円/泊(1名追加ごとに+2,000円/泊)
※布団が不要のお子様は無料です。
NPOのサポーター会員(年会費1,000円)の入会が必要です。
※ビジネスパートナー会員(年会費5000円)の方は、さらに割り引きますのでご相談ください。

定員:5人

間取り:3LDK

洋室
和室(6畳)
広いキッチン
ダイニング
高機(大島紬を織る道具)のある共有スペース
広いユニットバス


洗面・脱衣所

水洗トイレ
玄関と軒下の物干し
自転車(無料)

設備:
ガスコンロ、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、電気ケトル、調理器具、食器類、寝具、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、リンス、
ボディソープ、ドライヤー、洗濯用洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ピンチ、
エアコン、扇風機、掃除機、懐中電灯、ハンガー 、物干し竿、自転車(2台)
※テレビ・WI-FI:ありません

チェックイン:14時~18時
※18時を過ぎる方は、ご相談ください。

チェックアウト:11時まで

備考:
・全室禁煙です。
・ペットの同伴はご遠慮ください。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

———–予約・問い合わせ先———
NPO法人ねりやかなやレジデンス
予約お問合せフォーム

棟上げ

2019年8月19日

本日は、棟上げでした。

南の島のしま暮らしをお考えの方に、コンパクトな新築をお考えの方に、モデルハウス「match guest House」。

なんと、8坪弱のシングル、カップル向け住宅です。

奄美群島での展開を目指します!

しま暮らし体験ハウス「なかほ」オープン

2019年7月15日

奄美大島龍郷町戸口集落に、しま暮らし体験ハウス「なかほ」がオープンします。

田舎のおばあちゃん家に泊まる感覚でお使いいただける一軒家です。

【施設概要】

住所:鹿児島県大島郡龍郷町戸口1825(ビッグⅡから車で3分)

大島紬の里、戸口集落の戸口川沿いにあります。

運が良ければコウノトリに出会える戸口川

料金
①戸口集落にお住まいの方のご予約(8/1宿泊分より受付)
 1名3,000円/泊(1名追加ごとに+1,000円/泊)
※布団が不要のお子様は無料です。
※2019年12月末までの料金です。

②一般の方のご予約(9/1宿泊分より受付)
 1名6,000円/泊(1名追加ごとに+2,000円/泊)
※布団が不要のお子様は無料です。
NPOのサポーター会員(年会費1,000円)の入会が必要です。
※ビジネスパートナー会員(年会費5000円)の方は、さらに割り引きますのでご相談ください。

定員:5人

間取り:3LDK

洋室
和室(6畳)
広いキッチン
ダイニング
高機(大島紬を織る道具)のある共有スペース
広いユニットバス


洗面・脱衣所

水洗トイレ
玄関と軒下の物干し
自転車(無料)

設備:
ガスコンロ、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、電気ケトル、調理器具、食器類、寝具、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、リンス、
ボディソープ、ドライヤー、洗濯用洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ピンチ、
エアコン、扇風機、掃除機、懐中電灯、ハンガー 、物干し竿、自転車(2台)
※テレビ・WI-FI:ありません

チェックイン:14時~18時
※18時を過ぎる方は、ご相談ください。

チェックアウト:11時まで

備考:
・全室禁煙です。
・ペットの同伴はご遠慮ください。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

———–予約・問い合わせ先———
NPO法人ねりやかなやレジデンス
予約お問合せフォーム
TEL 070-6656-0278(佐藤)

【開催報告】移住体験イベント 2019年7月13日

2019年6月19日

梅雨が明けたかと思うほどの快晴となった今回の奄美大島で移住体験イベントは、滋賀県から40代の女性にご参加いただきました。

移住26年目というオーナー経営のレストラン「OHANA」でランチしながら、オーナーさんと語り、

定住促進住宅見学

奄美市笠利支所の移住担当の泉さんに、奄美市が準備中の定住促進住宅を案内していただきました。
※定住促進住宅はU・Iターン家族向けで、単身は対象外。

まだ梅雨明けしていない奄美は、湿度70%を超える日が続きます。

そんなわけで、水分を含む新しい畳はご覧の通り!

カビが表面を覆っています💦

室内から、すぐ近くの海が見えて参加者は感激

このほかにも空き家を何軒かご紹介いただいたり、笠利を案内してもらいながら、次のと龍郷町へ。

龍郷集落にある、地元の婦人グループが運営する「あいかなショップ」でお茶をいただきながら、おばちゃんとおしゃべり。

暑さでぐったりしていた体もスッキリ!

集落の空き家を見学したり、散策したりしながら、集落をめぐりました。

田畑が広がる龍郷集落
大きなガジュマルからはパワーが発せられていました
カラフルな花もたくさん目にしました。
集落唯一の商店「志村商店」は、移住者が地域のためにとほぼボランティアで運営。
なかなかの品揃えです。
ガジュマルのアーチの向こうには海

龍郷集落を後にし、戸口集落へ。

空き家を活用したしま暮らし体験ハウス「なかほ」を見学。

近くの川を眺めていたら、近所のS子姉が「野菜いるやろ」と言って、孫たちのために無農薬で栽培しているナスやシソ、ピーマンをたくさんくださるというハプニングもありました。

無農薬の野菜をいただく

 参加者は、イベントに参加して奄美大島への移住意向が強くなり、期間を限定して移住したいと思ったとのことです。

幸せな移住の実現に向けて、NPOもサポートします。

こうしたイベントを毎月開催しています!

詳細はこちらです↓↓↓↓↓↓↓↓
NPO主催「移住体験イベント」

空き地をひまわり畑に!

2019年5月27日

龍郷町で、新たなプロジェクト進行中~。

でも、なかなか進まない💦

どんどん進むのは、雑草の成長!!

梅雨ともあって、カヤやツル植物が元気に成長中。

刈っても刈っても生えてくる(◞‸◟ㆀ)

ヤギ🐐は他の人がレンタル中~

ということで、ちょっと趣向を変えて、花を植えることにします。

コスモスと迷ってヒマワリにしました!


15袋購入~

本日、梅雨なのに雲一つない夏のような青空!

なので、日陰のあるうちに労働です。

硬い地面を三つ又で耕す・・・こと1時間。

まじで、腰にくる

二人で10個の穴を掘り上げて、ひまわりの種2袋、50粒くらいを撒きました。

残り13袋・・・。

でも、耕して穴掘るのは、草刈りの何倍も楽しい!!

この調子で、あと1週間がんばるぞー。

7月にはひまわりいっぱいの場所に生まれ変わるはず!

見に来てね!

アンカーボルト

2019年5月25日

アンカーボルトって、ご存知ですか?

この突き出てるヤツです。

コンクリートなどの土台や壁に柱などの部材や設備を取り付けるときに使います。

コンクリートの壁に棚を付けたりするなど、DIYでも意外と使うものです。

使い方は、こちらの動画が分かりやすいです(モノタロウ)

 

ちなみに、アンカーボルトは大きく2種類あります。

コンクリートの土台に前もって埋め込むL型(J型)アンカーと、既設のコンクリートに穴をあけて部材や備品などを固定するアンカー(オールアンカー/グリップアンカー/ケミカルアンカーなど)です。

L型(J型)アンカーは、前もって埋め込むものなので、呼んで字のごとくボルトの先が曲がっています。

既設のコンクリートに穴を掘って埋めるものは、販売時の姿はまっすぐです。

電話で在庫確認するときは、どちらのアンカーボルトか伝えないと、あるのにないと言われることもあります。(実際にありました)

もうひとつの注意は、「長さ」。

通常は、下図の全長が規格上の「長さ」にあたります。

が、埋め込み長さを規格上の長さと勘違いする店員もいます。(実際にありました)

ちゃんと知識を持って定員に伝えないと、下手に注文して全く違うものが取り寄せられることもあるんです。

ネットで買うのが間違いがないのかも、って思っちゃいました。