DIY物件第1号 床にコンパネを敷く

2018年4月11日

木材店に発注していた床板が到着しました!
 
 
山裾の家は、梁がほぼシロアリに食われているので、状態があまり良くありません。
だから、5年持ってくれればいいと腹に決め、安い構造用のコンパネを使います。
 
 
 
早速、床材を敷いてみます。
 
山裾の家は、100年ほど前に有屋集落に建てられた家を移築したのが原型になっています。
移築されてからも50年は経っている様子。

柱はゆがみ、部屋の縦横の寸法を測ると、長方形ではなく、少しずつ歪んでいます。

なので、4隅が直角の既製品を組み合わせただけでは、床は完成しません( ̄。 ̄)

 
まずは、木材屋さんに敷き詰められるだけ敷き詰めてもらい、

収まりの悪い箇所は、ノコギリで形を整えて配置してもらいました。

ありがたや。

もはやDIYじゃなく、他力本願。

 

 30分ほどで、15枚のコンパネが敷き詰められました。
 
ちょっとカッコよくみせるために、数枚の塗装コンパネを購入しましたが、滑りやすいため床に使うのはNGだそうです。

ということで、壁に使うことにしました。

なかなかかっこいい!

床板のコンパネは、シロアリの大好物なので、防腐剤を塗ります。

1枚塗るのに4分もかかる(-。-;)

20枚で80分・・・気が遠くなる作業だわ。