改修箇所を決める

2018年10月8日

剥がせるものを剥がし終え、家のゆがみやシロアリをチェック。
もちろん、ここは経験ある方にお願いします。

天井裏もチェックしたけど、幸い生きたシロアリは発見されず。

柱にわずか、食い散らかした跡があるだけでした。

建物は、サッシが閉まりにくい程度のゆがみ。
空き家ならつきものって感じの歪みなので、今回は気にせずに改修を進めることにしました。
※床の水平のゆがみがあると、人によっては乗り物酔いすることもあるので、なるべくなら、プロの方に建物の水平のゆがみを調整してもらうことをお勧めします。

ほっとしたところで次は、改修箇所とDIYする箇所を決める作業。
居間、台所、トイレなどに区分けして、それぞれやることを決めます。

【A ぼっとんトイレと洗面所】
水洗トイレをひろーい脱衣所に併設(新設)のため、改修に手のかかりそうなこの部屋は当面塞ぎます(≒開かずの間)。

【B 居間】
畳や床板をはがして、全面フローリングに取り替え。
壁は、古いものを剥がしたので、新しくコンパネを打ち付けて塗装。
天井はすだれで覆い、照明を工夫して南国感を演出します。

【C 押入】
扉も天井板も取り外し、簡単なブラインドを取り付けます。
コンパネむき出しの押入は、天井にはすだれを張り、床は塗装コンパネにさらに塗装をかけて、ブラインドを開けると、部屋と一体感が出るようにします。

【D 台所】
徹底掃除と壁の化粧コンパネ塗装と照明でかっこよさを演出します。

【E 脱衣所】
家庭用洗濯機が4つは置けるくらい広い脱衣所なので、水洗トイレと洗面所をここに新設します。

【F 風呂】
タイルの目地の黒カビを徹底的に除去!

【その他】
・網戸の張替え
・シルバーのサッシを、シックな茶色に塗装

とまあ、こんな感じで進めることにしました。