農業アルバイト体験談~人生の岐路で農業。島でしばらく住むことにしました~

2019年3月1日

AYYさん
アラフォー女性/東京都/会社員
農家:安田農園、新田農園 作目:じゃがいも 期間:2月~4月

人生の節目の歳を迎え、なんとなく南の島へ行くようになりました。

あ~また東京に戻るのかー、やだー、ウミガメになりたい!

与論島から那覇に向かうフェリーで海を眺めながらそう思っていました。

そんなタイミングで出会ったのが、沖永良部島に移住するというYUちゃん。

「東京で沖永良部島の農業イベントがあるから行かない?」と誘われ、興味津々で参加しました。

イベントでは、スクリーンに映し出される島の風景、農家の方のインタビューに心つかまれました。そして、自分と同じように土に触れてみたい、島で暮らしてみたいという仲間に出会い、不安が少し消えました。

そして考えた末に、会社を辞めることを決意。

ものは試し。

数カ月間の住み込みアルバイトを選びました。

沖永良部島と出会って2か月後、はじめて沖永良部島に上陸。

早速、島をぐるりと一周。

玉城方面から農協まで向かう畑に囲まれた道路を走っている途中、海と風車が見えてくる瞬間の風景は、とっても印象的でした。

海に囲まれた離島…ということを忘れてしまうくらいの「町」感

スーパー、コンビニ、ドラッグストアと何でも揃っているのには驚きました。

最初のアルバイト先は、安田農園

パワフルな娘さん&お母さん。

そんな傍らで、優しいお父んの存在があり癒やされました。笑

ご家族みなさん、とても賑やかで楽しい農家さんでした。

雨の日はじゃがいもが掘れないので、JAの選果場でじゃがいもの選果のお手伝い。

天気に左右される農業アルバイトですが、こうして日々働けることに安心しました。

1か月もすると、島にたくさんの知り合いができてきました。

一緒にアルバイトをする人たちのなかには、沖永良部島に移住するために農業アルバイトにやってきている人もいました。

東京の家を引き払って車に家財道具を積んでやってきたという強者もいました。

そんな人たちと時間を過ごすうちに、数カ月の予定をもう少し伸ばしてみてもいいかも、と思い始めて、とりあえず住んでみることにしたのです。

長期に働かせてもらえる農家を探していたとき、たまたまJAの選果場で知り合ったのが新田農園さん。

「うちに来ればいいよ。」と声をかけてくれ、すぐにお世話になることを決めました。

これからどんな人生が待っているかわかりませんが、東京にいたときの得体のしれない不安から脱却したことは間違いありません。

ときどき不安になることや、えっ!?それって常識?

って思うこともあるけれど、

わくわくして過ごす時間が増えたことを思うと小さなこと

しばらくは、あまり気を張らずに島ライフや農業を楽しんでいこうと思います。