<会計報告>おかげ様で軽トラ購入!

2018年4月19日

会計報告です。
このたび、おかげ様で軽トラックを購入することができました。

NPOオリジナル軽トラ!

残金は、改修に必要な道具類の購入に充てさせていただきます。

収入   362,000円
  寄付 362,000円
支出   304,536円
  軽トラ購入費(整備・車検を含む) 220,000円
  軽トラ塗装費(ペンキ等) 4,326円
  車両保険 80,210円
  返礼品購入・郵送費※ 15,146円
残金   42,318円

Koshiraeru特製の返礼品は、全てKoshiraeruから寄付して頂きました。
ありがとうございました!

除草剤を使わず草を刈る方法

2018年4月17日

雑草天国の梅雨が目前に迫りました。

ということで、除草剤を使わずに、安く楽に草を刈る方法を見つけたい!と思って、聞いてみたところ、いろんな意見をいただきました。

少しずつ実践します。
結果はこのブログで。

1.ヤギ
これが一番人気でした。
世にはレンタルヤギもあるらしいです。
毒のあるノビルとかネギ類、彼岸花科、キンポウゲ科は厳禁。
野犬もNGです。
トベラや桑、牧草はヤギの好物。
何でも食べちゃうので、植栽してるところはやめましょう。

2.防草シート
草を刈った上に防草シート。
農ガールがとてもリーズナブルな防草シートを教えてくれた。
50㎝×100mで約4500円(税込み)
でも、うちの庭には広すぎるので、少し小さめのものを物色。
アストロ プロ用園芸シート 1×10m とシートを止めるピン なんと2,000円(送料・税込み)
根絶はできないけど抑制はできそう。

防草シート

3.木屑や木片・畳など
草を刈った上に木屑や木片、畳を敷くと、種が木屑などと一緒に腐って新しい草が生えるのを抑制するそうです。
さらに防草シートをかぶせると効果大。
車のタイヤの溝に詰まるので、車を入れない場所で使うこと。
晴れの日が続く天気だと乾燥してあちこちに散乱するので、雨続きの梅雨時期がベスト。
ということで、木屑対策は梅雨まで待ちます。

木屑

4.重曹
重曹を5~10%に薄めて撒く方法。
意外と効くらしい。
ただ、炭酸水素ナトリウムは弱めとはいえアルカリだから、後で蓄積したり、他に流れると生態系に良くないかも。という指摘もありました。

4.農業用ビニールで叩く
そんな方法があるんですね。
ナイロンで叩くと根っ子を切るので地面から上の草が枯れて、それが草の成長を抑制するので草が生えにくくなるのだそうです。乾燥が続けば干からびた土地に、水分が残っていればコケのようなモノが地面を隠したりするようです。
ホームセンターの草刈り機コーナーに専用のカットされたナイロンが売ってあって、四角だったり三角だったりですが、何でもオッケー。釣具屋さんで太めのナイロンを買って代用する人もいるらしいです。
小さい石や石のある場所では、小石がものすごいスピードで飛ぶので車やガラスなどを壊すことも。ゴーグル(目を守る)・前掛け(前方ガード)必須。
草払い機並みですね。
今回は、ヤギにお願いしたので次回やってみます。

5.塩水
うちの庭の雑草、塩害に負けないのでだめだけど…。

番外
・お湯…どれだけ沸かすねん!!!
・耕運機で耕して草の根っこを根絶!…うちの庭は砂利で固まっているので手軽な耕運機は壊れそう!ってみんなに言われました。

草刈り―ヤギで刈る

2018年4月16日

本日、沖永良部島の方からヤギをお借りしました。

ヤギの目はほんとに長方形!
ヤギの好きな植物は桑と牧草!
ヤギの力は侮れない!
物干し竿に括り付けたら、物干し竿ごと移動しちゃう。
ヤギの美味しさは草で決まる!
毒草を食べるとおなかを下すので、毒草が生えている庭はNGです。

その成果は明日の朝!

農業アルバイターの声

2018年4月15日

昨年度、沖永良部島で出会った農業アルバイターの方の感想をお届けします。

「きつい作業もあったけど、家族のようにみんなが接してくれたので毎日幸せでした。花のこともたくさん学ぶことができました。どこにいっても海が綺麗で、休みの日は海でひたすらゆっくりしました。同世代の若者との出会いがないのがちょっぴり残念だったかな。(農家アルバイト/20代・女性)」

「結婚後、自分で炊事や洗濯をしたのは初めての経験。妻のありがたみを痛感したアルバイト生活でした(農家アルバイト/70代・男性・大阪府)」

「大好きな花を生産する現場に携わることができて本当に幸せでした!(農家アルバイト/50代・女性・愛媛県)」

「本当に島の方に良くしていただきました。東京に戻って貯金したらまた来ます!(農家アルバイト/40代・女性・大阪府)」

「3月だけど海で泳いじゃいました!(農家アルバイト/30代・女性・奄美大島)」

4月の雑草たち

2018年4月16日

4月になりました。
沖永良部島は、気温25度を超える真夏日もあれば、雨が降って最高気温18度という日もあります。
ここ数日は、朝晩暖房つけたくなるくらい寒い!

さて、和泊ドミトリーあぐりの庭はといえば、2週間ほど前に頑張って草を刈った成果あってか、思ったほど草は生えていませんでした!!

蔓植物が一気になくなってさっぱり


枯れて茶色いのがちと悲しい

で、今月の草は、オオバコとこれ。

オオバコがいたるところに

さて、今回はいろんな方法で草を抜いてみたいと思いまーす!

DIY物件第1号 改修時間は100時間

2018年4月15日

約13坪の木造一軒家の改修や管理にかけた時間は、100時間でした。

床は釘打ちしてないし、電気工事もしていないし、改修の余地はかなり残したままですが、借り手が付いたので改修はここまで。

あとは、借りてくれた移住者の方がコツコツ手直しをしながら住むことになります。

サブリース契約の内容については、またこのブログで丁寧にご紹介しますね。

移住者引渡直後の室内

<100時間の内訳>
改修:約50時間(約7日間)
草刈りや清掃等の管理:約50時間(約7日間)
トータル100時間(14日間)

<主な改修内容と時間>
・屋根補修(数か所):30分(セミプロボランティア)
・お風呂の壁の取り付け・防止処理:3~4時間(セミプロボランティア)
・トイレドアの取り付け:2~3時間(セミプロボランティア)
・天井板外し&玄関天井のペンキ塗装:10時間
・コンパネ床づくり(20畳)防腐剤塗布&ウッディーガード塗装:17時間
・梁のペンキ塗装:2時間
・外壁(畳2畳分くらい)修繕:2時間
・雨戸(2枚)修繕:2時間
・網戸(1枚)補修:1時間

DIY物件第1号 購入した資材と消耗品

2018年4月14日

約13坪の木造一軒家の改修のために購入した資材と消耗品をご紹介。

<改修内容>
・屋根補修(数か所)
・お風呂の壁の取り付け
・トイレドアの取り付け
・天井板外して、玄関天井のみペンキ塗装
・床を畳からコンパネ床(20枚)にして、防腐剤塗布&ウッディーガード塗装
・梁のペンキ塗装
・外壁、雨戸、網戸補修

資材約4万6千円、消耗品費3万9千円、合計8万5千円でした。

資材 単価 数量 価格(税込み)
杉荒材 2m*3cm 328 1 328
杉荒材 354 1 354
白木仕上げ材 1,944 1 1,944
杉材(雨戸レール用) 550mm×2m+あて木 750 1 750
杉板(外壁用) 65mm×2m 540 3 1,620
ガルバリウム板(風呂の壁用) 1,700 1 1,700
風呂ドアのガルバリウム貼/3mm合板 2,750 1 2,750
3×6構造用コンパネ 1,350 20 27,000
塗装コンパネ 2,052 3 6,156
15mm角材 19 8 150
ステン釘 471 1 471
ステン釘 491 1 491
ステン釘20mm 756 1 756
ステン釘 1kg 1,296 1 1,296
ベニヤ用釘 220 1 220
消耗品 単価 数量 価格(税込み)
養生シート 972 2 1,944
養生テープ 378 4 1,512
白セメント 2kg 678 1 678
洗面器(セメント用) 108 1 108
バケツ(セメント用) 108 1 108
変成シリコン300ml クリア 276 5 1,380
シルバーコーキング 432 1 432
コーキングガン 626 1 626
網戸網(1枚) 368 1 368
網戸網張替道具セット 1,274 1 1,274
防腐剤(クレオソート2キロ) 2,128 1 2,128
防腐剤(クレオソート1キロ) 1,267 1 1,267
ハケ 70mm 216 1 216
ペンキ(1.6L) ミルキーホワイト 2,249 1 2,249
ウッディ―ガード 12,666 1 12,666
うすめ液 432 1 432
ニューホワイト(床の保護塗料) 5,381 1 5,381
ローラー+バケツ 1,454 1 1,454
ローラーハンド(大) 432 1 432
ローラーハンド(小) 413 1 413
ローラーの毛(小×2) 501 1 501
ローラーの毛(大) 383 1 383
ローラー受け皿 717 1 717
カラースプレー(茶) 737 2 1,473
スプレーボンド 737 1 737

DIY物件第1号 購入したDIY工具

2018年4月13日

今回の改修のために購入した工具。

購入コストは、約4万円でした。

工具 数量 価格(税込み)
電動ドリル12V(リョービ) 1 9,936
電動ドリル付属品 1 1,242
バール(60cm) 1 1,490
バール(90cm) 1 3,614
ハンマー 1 1,178
ノコギリ(細目) 1 1,857
釘抜き(小) 1 1,159
ドライバー 1 626
ドライバー(ラチェット) 1 950
巻き尺20m 1 1,365
巻き尺50m 1 1,620
直角定規 1 2,937
軽量脚立 6段(アルインコ)+送料 1 10,030
ちなみに、予算があれば買いたかった工具は、カンナ、丸ノコ、両刃のこぎり

古い家は、家に歪みがあるのが普通なので、既製品はそのまま使えません。

必ず数ミリ~数センチ単位でカットし、歪みに合わせないとけいないのです。

今回は、その数ミリのゆがみを写真のようなのこぎりでカット。

のこぎりを使い慣れていないせいもあるけれど、結果は御覧の通り。

まっすぐ切れない。

カンナや丸ノコ、のこぎりでも両刃のこぎりがベストだそうです。

 

今回お借りしましたが、床に落ちだ木屑や、天井裏の木屑やゴミなどを掃うのには、ブロワーが便利でした。

DIY物件第1号 床に防腐剤

2018年4月12日

床板の裏面に防腐剤を塗らなければ、コンパネが大好物のシロアリがやって来ます。

時間がかかる作業ですが、とにかくシロアリ防除のために無心で塗ります。

結構、臭いがきついので、窓は全開。

1枚塗るのに4分だから、20枚で1時間半と予想していたのに、気づくと10枚で1時間半Σ(゚д゚lll)ガーン

防腐剤1キロ使いきりました。

 
 

ということで、防腐処理したコンパネのほうがが実は安上がりかもしれません。

 

DIY物件第1号 床にコンパネを敷く

2018年4月11日

木材店に発注していた床板が到着しました!
 
 
山裾の家は、梁がほぼシロアリに食われているので、状態があまり良くありません。
だから、5年持ってくれればいいと腹に決め、安い構造用のコンパネを使います。
 
 
 
早速、床材を敷いてみます。
 
山裾の家は、100年ほど前に有屋集落に建てられた家を移築したのが原型になっています。
移築されてからも50年は経っている様子。

柱はゆがみ、部屋の縦横の寸法を測ると、長方形ではなく、少しずつ歪んでいます。

なので、4隅が直角の既製品を組み合わせただけでは、床は完成しません( ̄。 ̄)

 
まずは、木材屋さんに敷き詰められるだけ敷き詰めてもらい、

収まりの悪い箇所は、ノコギリで形を整えて配置してもらいました。

ありがたや。

もはやDIYじゃなく、他力本願。

 

 30分ほどで、15枚のコンパネが敷き詰められました。
 
ちょっとカッコよくみせるために、数枚の塗装コンパネを購入しましたが、滑りやすいため床に使うのはNGだそうです。

ということで、壁に使うことにしました。

なかなかかっこいい!

床板のコンパネは、シロアリの大好物なので、防腐剤を塗ります。

1枚塗るのに4分もかかる(-。-;)

20枚で80分・・・気が遠くなる作業だわ。