2017年度活動報告(動画)~空き家のサブリース編~

2018年7月19日

当NPO法人の1年目の活動を映像でご紹介します。

その2:空き家を直して、移住者家族に借りて頂きました!@奄美大島

龍郷町の荒波(あらば)地区にある築100年以上の家。

住み手が見つからず1年半放置されていた空き家には、シロアリが住んでいました。

NPOは、家主から「転貸借可」「原状回復義務なし」を条件に家を借り受け、最低限の修繕とシロアリ駆除を行い、未登記物件であることのリスクを伝えたうえで、家探しに困っていた島外からの移住者家族に転貸しました。

内壁崩しの続き

2018年5月24日

前回の内壁ではお伝えしなかった、発狂寸前の内壁がありました。

台所の反対側にある内壁を剥いでみると、黒カビっぽく見えるシミ。

これ、ゴキブリの痕跡らしいです。

前回はヤモリの卵を学習しましたが、「ヤモリの卵なんて、軽い、軽い!」と言えるくらい、この後、この黒いシミの連続となりました。

ぼっとんトイレをふさぐまで、トイレと洗面所の壁は崩すのを先延ばししましたが、

洗面所の左横の壁は壊すことにしました。洗面所の左隣は廊下です。

綺麗に掃除されているように見えますよね。では、壁を壊していきましょう。

黒い塊は、ゴキブリのフンです。うーん、集団生活の賜物の厚みです。うううううぅぅ。でも、ここで怯んでいてはDIYリフォームはできません(私は100%怯みましたが・・・)

次は、コンパネ床外しです。

剥がしてみて、「!!!」

納戸のコンパネの下は、すのこぐらいの強度しかない薄すぎる板でした。

廊下のコンパネの下は、何とベニヤ板!ベニヤ板を外してみると
根太(横にある棒)の下は地面でした。


同じ家なのに、構造や施工方法が場所によって違い過ぎるのは、長年に渡り様々な人が思い思いに増改築したせいなのかな。

今回のリフォーム対象エリアで、トイレ回りを除き、天井板、内壁、床を剥がすのに要した時間は、3人×1.5日。

廃材は軽トラ3杯分程度。皆様の寄付のお蔭で、空き家改修は進めていけます。ありがっさまりょうーた!

 

内壁外し

2018年5月18日

天井を剥いだ後は、内壁を壊していきます。

使わない納戸も壊します。

骨組みだけにしたら、今度は釘やねじを外していきます。大工さんが作ったにしては、やたら釘が打たれ、釘のすぐ横にスクリューネジが打たれていました。

柱を外したら、ヤモリの卵の殻が大量に見えてきました。

うえぇ~なんて言ってたら、古い家には住めません。

納戸の天井も外します。

「あれ?板が外れない!」

何と、トタンが入っていました。昔、外だった部分でもないのに、使われている理由が分かりません。

そして、やっぱりシロアリ、食べていました。

食べられた部分を削いでいきます。

見事な食べっぷりでした。構造的には、細くなった柱でも大丈夫そうですが、どうお化粧していくかの課題が追加されました。

”海沿いの家”のプロフィール

2018年5月12日

海沿いの家の改修が始まりました。

借主は奄美大島の南部で広域医療連携に取り組むお医者さんです。

住居は別にありますが、ご自分の南部での医療活動に加え、

研修医やヘルプ医療従事者の滞在先としても活用する予定です。

せっかく奄美大島で働くなら、島の過疎の医療現場を知ってもらうとともに、

島の楽しみも体験して欲しいと海沿いの家を借りました。

パッと見からも分かるように年代物ですが、

空き家歴は短く、島では優良物件と言えます。

それでも、天井板にシミ、つぎはぎ板の廊下、訳の分からない虫の卵、

黒光りする巨大ゴキブリ、外が垣間見れる内壁、

奥底が見えないぼっとんトイレなど、田舎の家の代表的な事象は

各所で見られます。

公的支援は一切ない滞在ハウスなので、家の改修費は最低限に抑えたい。

でも、島ライフを知らない医療関係者が虫や自然に驚いて

逃げてしまうような状況は防ぎたい。

カッコよく仕上げたいところですが、暮らすために必要な設備改修が先です。

予算とも相談しながら、ざっくり最初にどこを重点的に改修するかを決めて、

滞在する医療関係者の使い方が見えてから段階的にレベルアップすることにしました。

ということで、次回は家の中の総点検の様子をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DIY物件第1号 思わぬハプニング~浄化槽が・・・

2018年3月4日

漸く見つけた空き家。

山裾の家

シロアリに続くハプニングは、浄化槽でした

みなさん、そもそも浄化槽ってご存知ですか?

下水道が通っていない地域で、し尿や台所などからの排水を微生物の働きによってきれいな水にして川などに流す装置です。
奄美群島には、下水道の通っているエリアは一部しかなく、多くが浄化槽地域です。

浄化槽には単独と合併があります。

し尿だけ処理するのが単独浄化槽
マンホールの蓋みたいなのが2つ。
※平成13年度から原則新設は禁止されている。

単独浄化槽

し尿だけでなく、台所やお風呂などの生活雑排水も一緒に処理するのが合併浄化槽。蓋が3つのものが大半です。

合併浄化槽

どちらも、室内のトイレは、水洗トイレです。

敷地が狭い関係で浄化槽が設置できずまだ汲み取り式のトイレもあります。
外気に臭いを排出する煙突のような臭突(しゅうとつ)が目印です。

汲み取り式

ちなみに、「ボットン便所」といわれるのはこちら。

由緒正しきボットン便所

と、トイレの話はここまで。

浄化槽の話に戻ると、

浄化槽は下水道と違って、維持管理が必要です。
なんと、浄化槽法という法律があって、守らないと罰金!などの罰則があります。

何をやらなきゃいけないかというと
・年に1回以上の清掃
・数か月に1回以上の保守点検
・年に1回の定期検査

ちなみに、”山裾の家”は単独浄化槽(5人槽)で、年間約3万円の費用がかかります。(毎月の水道代は別)

龍郷町の場合、この維持管理は民間の清掃業者に委託しないといけません。

でも実は、浄化槽の維持管理が必要なことを知らなかったので、しばらく維持管理をしていませんでした。

ある日、地元の人からの指摘で維持管理が必要なことを知り、慌てて契約。

そして、しばらく維持管理されていなかったために、通常3万円の清掃費で済むところ、なんと8万円の清掃費を払う羽目に!

さらに、清掃費だけじゃありません!

汚水を分解する微生物に酸素を送り込むブロワと呼ばれる装置が壊れていたら、4万円近くの追加出費がかかることになります。

滅多にないけれど、浄化槽にひびが入っているなどして本体ごと取り換えが必要なこともあるようです。

浄化槽が設置されているかチェックも必要だけど、浄化槽を稼働するのにかかる清掃費もちゃんと見積もってもらう必要ありますね。

DIY物件第1号 思わぬハプニング~シロアリが!

2018年3月3日

シロアリ被害が判明した空き家。

シロアリに食われた梁

愛称を「シロアリハウス」にしようとしたら、周りからひんしゅく買ったので「山裾の家」と呼ぶことにしました。

NRの山裾の家です!

シロアリがいるということで、早速業者に駆除を依頼。

結論としては、お願いしてよかったです。
まず、床下のごみを全部きれいに掃除してくれました!
なんと、70リットルのごみ袋3袋分のごみが床下から出てきました~!

剥がした壁や床のくずや、庭に放置されていた壊れた脚立とかも、すっきり綺麗にしてくれました。


すっきり!

シロアリの生態も、わかりやすくレクチャーいただきました。
「目が見えないから道を作る」こと、「湿気が大好きで地面のわずかな水たまりで繁殖しちゃう」こと、「人の気配がなくなると活動が活発になる」ことなど、とても勉強になりました。

このまま放置しておいたら、もしくは、安上がりに駆除するためにシロアリがいそうな所だけに駆除剤を散布していたら、梅雨時期には家の中がシロアリで埋め尽くされていたかもしれません( ̄▽ ̄;)!!ガーン

この一件で、素人判断で家の状態を判断すると、 ろくなことにはならないなと本当に身に染みて感じました。

空き家を借りる移住者も多いと思いますが、「空き家には、シロアリがいて当然」と思ってください。

そして、借りる前にプロチェックは怠らないこと。

見積もってもらうのはタダですからね!

そして、今回のシロアリ駆除総額は、約13坪で約20万円也!

DIY物件第1号 シロアリと同居する?

2018年2月25日

シロアリが住んでいることが判明した”山裾の家”。

山裾の家

どのくらいのシロアリ被害なのか気になって、地元のおじさんに見てもらったら、やっぱりあちこちやられていました。

リアルなシロアリ被害をみせてくれる!

一番衝撃だったのが太い梁。
中がスカスカになってい ました。

これは、駆除するしかないでしょ!って思いました。

で、業者に見積りをお願いしたら、シロアリ駆除代は約20万円(5年保証付き)。
※駆除代は、坪面積に比例します。

地元の人に相場を 聞いたら、妥当な範囲の金額。

しかし、今回は手持ち資金 50万円で改修しようと思っていたので、20万円は大打撃!

シロアリ駆除で20万円も使う家なら、借りるのは諦めるべきか?

でも、1週間近くこの家のことばかり考えていると、「借りない」選択肢はありません。

シロアリ駆除以外のところで、安く抑えよう。

そう決心して、業者に駆除をお願いしたのでした。

DIY物件第1号 思わぬハプニング!

2018年2月23日

奄美群島に住みたい人、奄美群島に滞在したい人に、空き家を貸す!
そのためにも、第1号物件を見つけなければ…

奄美群島の知り合い伝手に空き家を探し回り、見つけた最初の物件は、奄美大島龍郷町の山裾に建つ物件でした。

・奄美空港から車で40分と、比較的便利な場所にあって、
・大きな構造物も少なくて、
・ありのままの森と海がすぐ近くに広がっていて、
・昔ながらの暮らしも残っていて、
・家屋が密集する集落の中心から少し、外れた場所に立地

近くにある龍郷湾

山裾なのでハブの心配はありますが、それ以外は好条件の空き家でした。

山裾の家

さらに、好条件は続き・・・

・外観的には、これまで数百軒の空き家をみてきた私のなかでは中の上クラス!
・庭の管理も行き届いている(ジャングルのような庭もめずらしくない)!
・トイレが水洗(古いおうちはぼっとんトイレが大半)!
・光回線が通っている!
・ 雨漏りは玄関のわずか1か所だけ!

と、やはり好条件!

しかも・・・
解体を考えていた家主からは、「改修自由」、「原状回復不要」、「賃料も格安」という驚きの条件を提示されました!

このチャンスを逃すと、しばらくチャンスはないかも!
借りよう!
それ以外の選択肢はありませんでした。

そんな勇み足で契約しようとする私を、引き止めたひと言が、

 「シロアリ、ちゃんと確かめたの?」

でした。

何年も空き家活用に関わってきたのに、この有り様。

「恋は盲目」(苦笑)。

でも、外壁をぐるっと見ても腐食箇所はあるけど、シロアリに食われてボロボロになった柱は見当たらない。
シロアリがかじった痕跡はあるけど、木が固くて表面しかやられてない。

床下や室内も見回すけど、ボロボロになっている柱や梁はなさそう。
 

私の中で、「中の上」クラスの物件であることは揺るぎませんでした。

そして、悪夢の始まりは、「畳を外してみないと分からないよ。」の一言でした。

で、畳を外すといました!
生きたシ・ロ・ア・リ!!!!

シロアリたちは、久々に何者かの気配を感じてびっくりしたのか、慌てた様子で穴から出入りを繰り返してい ました。

畳の下でうごめくシロアリ

でもこの時の私は、「ま、シロアリと同居になってもいいか」くらいの軽い気持ちでいました。

「梅雨時期には大群のシ ロアリが飛来してくるんだよ~。家にシロアリがいたら、シロアリで灯りの周りに煙幕が出来るよ~」とか、「シロアリって家に侵入した途端に羽を落とすんだよ。その羽がふわーっと舞い上がるんだよね~。」
と言われても、案外平気なので、意にも介さず。

でも、「全体的にシロアリが入っていたら、柱も梁も中身がすっからかんになって家が崩れるかもよ~!」の一言で焦りまくり、ようやくシロアリ駆除の業者に見てもらうことにしました。

業者さんがチェックすると、「どうしてこれまで気付かなかったのか?」何度も目視した場所から生きたシロアリが顔をのぞかせていました。

梁の隙間から顔をのぞかせるシロアリ

そして、床下の束には、シロアリの道が何本も結合して山盛りになってこびりついていました。

蟻塚

シロアリは飛んでくるもんだと思っていたら、巣から地面を這って道を作って家に侵入してくるんです!
「シロア リにやられていないか、床下を見ろ」って言われるけど、そういうことです。

結果は、約14坪の家にシロアリの道の山が5か所。
ということで、柱や梁のチェック開始です。

DIY第1号物件 プロローグ

2018年2月20日

奄美群島に住みたい人や滞在したい人に、空き家を貸す!
そのためにも、貸すための物件を見つけなければ…

知り合い伝手に、空き家を探し回りました。

自由に改修させてくれる家はないかな~、
しっかりと契約を結んでくれて、その契約を反故にしない所有者はいないかな~…
できれば、古い家でいいから安いものがいいのですが。。。

そんなワガママを言いつつ、ついに、見つけました!
奄美大島龍郷町の山裾に建つ家。

物件
ついに、見つけた!

大家さんがそろそろ解体を考えていたので、ちょっと待った!と手を上げたのでした。

思い返すと、自分たちで空き家をどうにかしたいと思いはじめたのは、1年前。

私、代表理事の佐藤と副代表理事山腰は、2013年頃にから奄美の空き家活用プロジェクトに仕事として関わってきました。

例えば、

◇空き家再生ゲストハウス「花良治しまぐらしハウス」(喜界島) 


何度も集落有志で話し合いました


草刈りも掃除も総出でゲストをお迎え

◇空き家再生ゲストハウス「あむとぅ」(徳之島・伊仙町)


10年以上のジャングル状態の空き家が…


シルバー人材の方の手でみごとに改修


地域の人と交流したり


大学生と一緒に庭づくりを考えてみたり

◇空き家再生賃貸住宅(沖永良部島・和泊町)

空き家活用組織「わどまりヤドカリ隊」


草木を伐採して、たくさんの荷物を整理

このように地域の方と一緒に、空き家を探し、活用を考えて、改修や運営のサポートを行ってきました。

でも、どれもアドバイザー的な立場での関わりで、
「もっとこうしたほうがいい」とか、「そんなにお金使って改修したらダメ!」とか、自分で家 の改修したこともないのに口出すだけの仕事でした。
もともと設計図面書いたり、大工仕事したりするのが好 きだったので、幾度となく「自分で空き家の改修をやりたい~!」っていう衝動にかられてしまいました。

そして、そんな思いが募り、仲間とNPOを立ち上げることにしました。
そこでまずは、自由に改修させ てくれる自分たちの空き家を探すことにしたのです。

そして、ようやく見つけたのが、奄美大島龍郷町の山裾に建つ物件でした。

そして、そんな私たちを待ち受けていたのは、「もっとあななたち、勉強しなさい。」という洗礼でした。