2017年度活動報告(動画)~空き家のサブリース編~

2018年7月19日

当NPO法人の1年目の活動を映像でご紹介します。

その2:空き家を直して、移住者家族に借りて頂きました!@奄美大島

龍郷町の荒波(あらば)地区にある築100年以上の家。

住み手が見つからず1年半放置されていた空き家には、シロアリが住んでいました。

NPOは、家主から「転貸借可」「原状回復義務なし」を条件に家を借り受け、最低限の修繕とシロアリ駆除を行い、未登記物件であることのリスクを伝えたうえで、家探しに困っていた島外からの移住者家族に転貸しました。

DIY物件第1号 改修時間は100時間

2018年4月15日

約13坪の木造一軒家の改修や管理にかけた時間は、100時間でした。

床は釘打ちしてないし、電気工事もしていないし、改修の余地はかなり残したままですが、借り手が付いたので改修はここまで。

あとは、借りてくれた移住者の方がコツコツ手直しをしながら住むことになります。

サブリース契約の内容については、またこのブログで丁寧にご紹介しますね。

移住者引渡直後の室内

<100時間の内訳>
改修:約50時間(約7日間)
草刈りや清掃等の管理:約50時間(約7日間)
トータル100時間(14日間)

<主な改修内容と時間>
・屋根補修(数か所):30分(セミプロボランティア)
・お風呂の壁の取り付け・防止処理:3~4時間(セミプロボランティア)
・トイレドアの取り付け:2~3時間(セミプロボランティア)
・天井板外し&玄関天井のペンキ塗装:10時間
・コンパネ床づくり(20畳)防腐剤塗布&ウッディーガード塗装:17時間
・梁のペンキ塗装:2時間
・外壁(畳2畳分くらい)修繕:2時間
・雨戸(2枚)修繕:2時間
・網戸(1枚)補修:1時間

DIY物件第1号 購入した資材と消耗品

2018年4月14日

約13坪の木造一軒家の改修のために購入した資材と消耗品をご紹介。

<改修内容>
・屋根補修(数か所)
・お風呂の壁の取り付け
・トイレドアの取り付け
・天井板外して、玄関天井のみペンキ塗装
・床を畳からコンパネ床(20枚)にして、防腐剤塗布&ウッディーガード塗装
・梁のペンキ塗装
・外壁、雨戸、網戸補修

資材約4万6千円、消耗品費3万9千円、合計8万5千円でした。

資材 単価 数量 価格(税込み)
杉荒材 2m*3cm 328 1 328
杉荒材 354 1 354
白木仕上げ材 1,944 1 1,944
杉材(雨戸レール用) 550mm×2m+あて木 750 1 750
杉板(外壁用) 65mm×2m 540 3 1,620
ガルバリウム板(風呂の壁用) 1,700 1 1,700
風呂ドアのガルバリウム貼/3mm合板 2,750 1 2,750
3×6構造用コンパネ 1,350 20 27,000
塗装コンパネ 2,052 3 6,156
15mm角材 19 8 150
ステン釘 471 1 471
ステン釘 491 1 491
ステン釘20mm 756 1 756
ステン釘 1kg 1,296 1 1,296
ベニヤ用釘 220 1 220
消耗品 単価 数量 価格(税込み)
養生シート 972 2 1,944
養生テープ 378 4 1,512
白セメント 2kg 678 1 678
洗面器(セメント用) 108 1 108
バケツ(セメント用) 108 1 108
変成シリコン300ml クリア 276 5 1,380
シルバーコーキング 432 1 432
コーキングガン 626 1 626
網戸網(1枚) 368 1 368
網戸網張替道具セット 1,274 1 1,274
防腐剤(クレオソート2キロ) 2,128 1 2,128
防腐剤(クレオソート1キロ) 1,267 1 1,267
ハケ 70mm 216 1 216
ペンキ(1.6L) ミルキーホワイト 2,249 1 2,249
ウッディ―ガード 12,666 1 12,666
うすめ液 432 1 432
ニューホワイト(床の保護塗料) 5,381 1 5,381
ローラー+バケツ 1,454 1 1,454
ローラーハンド(大) 432 1 432
ローラーハンド(小) 413 1 413
ローラーの毛(小×2) 501 1 501
ローラーの毛(大) 383 1 383
ローラー受け皿 717 1 717
カラースプレー(茶) 737 2 1,473
スプレーボンド 737 1 737

DIY物件第1号 購入したDIY工具

2018年4月13日

今回の改修のために購入した工具。

購入コストは、約4万円でした。

工具 数量 価格(税込み)
電動ドリル12V(リョービ) 1 9,936
電動ドリル付属品 1 1,242
バール(60cm) 1 1,490
バール(90cm) 1 3,614
ハンマー 1 1,178
ノコギリ(細目) 1 1,857
釘抜き(小) 1 1,159
ドライバー 1 626
ドライバー(ラチェット) 1 950
巻き尺20m 1 1,365
巻き尺50m 1 1,620
直角定規 1 2,937
軽量脚立 6段(アルインコ)+送料 1 10,030
ちなみに、予算があれば買いたかった工具は、カンナ、丸ノコ、両刃のこぎり

古い家は、家に歪みがあるのが普通なので、既製品はそのまま使えません。

必ず数ミリ~数センチ単位でカットし、歪みに合わせないとけいないのです。

今回は、その数ミリのゆがみを写真のようなのこぎりでカット。

のこぎりを使い慣れていないせいもあるけれど、結果は御覧の通り。

まっすぐ切れない。

カンナや丸ノコ、のこぎりでも両刃のこぎりがベストだそうです。

 

今回お借りしましたが、床に落ちだ木屑や、天井裏の木屑やゴミなどを掃うのには、ブロワーが便利でした。

DIY物件第1号 床に防腐剤

2018年4月12日

床板の裏面に防腐剤を塗らなければ、コンパネが大好物のシロアリがやって来ます。

時間がかかる作業ですが、とにかくシロアリ防除のために無心で塗ります。

結構、臭いがきついので、窓は全開。

1枚塗るのに4分だから、20枚で1時間半と予想していたのに、気づくと10枚で1時間半Σ(゚д゚lll)ガーン

防腐剤1キロ使いきりました。

 
 

ということで、防腐処理したコンパネのほうがが実は安上がりかもしれません。

 

DIY物件第1号 発泡スチロールを使って壁を作る

2018年4月11日

山裾の家は、トイレとお風呂の間に壁がありませんでした。
 
トイレに入るには、屋外もしくは風呂場から入るしかありませんでした。
 
壁の向こうはトイレ
お風呂を抜けてトイレへ

なので、トイレの壁を壊し、余っていたドアを取り付け、

隙間は廃材をカットして打ち付けました。

 
トイレと風呂の間には、こんな感じで枠を作って、


発泡スチロールで埋めます。

発泡スチロールは、防音・断熱効果があります。

この上から、トイレ側にはベニヤ板を、お風呂側にはガルバニウムを、細い釘でバン!バン!バンと接着して完成です!

 

DIY物件第1号 お風呂の防水

2018年4月11日

風呂の床と壁の継ぎ目は、木材が丸出し状態でした。

そのままの状態では、腐食が進むため、 

白セメントを水でこねて埋めて、防水。

これで、心置きなくシャワーを浴びれます。
 

DIY物件第1号 プロパンガスを取り付ける

2018年4月11日

プロパンガスの取り付け。

奄美大島は、市街地は都市ガスですが、多くはプロパンガスです。

奄美ガス、吉田商事、大島石油などで取り扱っています。

山裾の家は、ガス給湯器(ボイラー)が残置物として残っていました。

ラッキー!と思うのは、大間違い。

ガス給湯器の寿命は8年~15年といわれているので、使えないこともあるんです。

チェックが必要です。

ガス屋さんにプロパンガスを設置してもらい、使えるか確かめましょう。

 

ちなみに、給湯で一番設置費用が安いのがガス給湯器なので、灯油給湯器が壊れていただガス給湯器をお勧めします。
ランニングコストも、灯油の値上がりによって意外とガスのほうがお得かもしれません。

ガス給湯器:  5万〜10万円
石油給湯器 :10万〜15万円
灯油給湯器:10万〜15万円
電気給湯器 :10万〜40万円
(参考URLはコチラ

ちなみに、支払いは、銀行口座からの引き落としか、カード決済の2択でした。

DIY物件第1号 床にコンパネを敷く

2018年4月11日

木材店に発注していた床板が到着しました!
 
 
山裾の家は、梁がほぼシロアリに食われているので、状態があまり良くありません。
だから、5年持ってくれればいいと腹に決め、安い構造用のコンパネを使います。
 
 
 
早速、床材を敷いてみます。
 
山裾の家は、100年ほど前に有屋集落に建てられた家を移築したのが原型になっています。
移築されてからも50年は経っている様子。

柱はゆがみ、部屋の縦横の寸法を測ると、長方形ではなく、少しずつ歪んでいます。

なので、4隅が直角の既製品を組み合わせただけでは、床は完成しません( ̄。 ̄)

 
まずは、木材屋さんに敷き詰められるだけ敷き詰めてもらい、

収まりの悪い箇所は、ノコギリで形を整えて配置してもらいました。

ありがたや。

もはやDIYじゃなく、他力本願。

 

 30分ほどで、15枚のコンパネが敷き詰められました。
 
ちょっとカッコよくみせるために、数枚の塗装コンパネを購入しましたが、滑りやすいため床に使うのはNGだそうです。

ということで、壁に使うことにしました。

なかなかかっこいい!

床板のコンパネは、シロアリの大好物なので、防腐剤を塗ります。

1枚塗るのに4分もかかる(-。-;)

20枚で80分・・・気が遠くなる作業だわ。