農業アルバイト体験談~人生の岐路で農業。島でしばらく住むことにしました~

2019年3月1日

AYYさん
アラフォー女性/東京都/会社員
農家:安田農園、新田農園 作目:じゃがいも 期間:2月~4月

人生の節目の歳を迎え、人生をあらためて考えはじめ、なんとなく南の島へ行くようになりました。

あ~また東京に戻るのかー、やだー、ウミガメになりたい!
与論島から那覇に向かうフェリーで海を眺めながらそう思っていました。

そんなタイミングで出会ったのが、沖永良部島に移住するという女性でした。

「東京で沖永良部島の農業イベントがあるから行かない?」と誘われ、興味津々で参加しました。

イベントでは、スクリーンに映し出される島の風景、農家の方のインタビューに心つかまれ、

そして、自分と同じように土に触れてみたい、島で暮らしてみたいという仲間に出会い、不安が少し消えました。

そして考えた末に、会社を辞めることを決意。
ものは試し。数カ月間、住み込みで農業アルバイトをしてみることにしたんです。

沖永良部島と出会って2か月後、はじめて沖永良部島に上陸しました。

早速、島をぐるりと一周。

玉城方面から農協まで向かう畑に囲まれた道路を走っている途中、海と風車が見えてくる瞬間の風景は、とっても印象的です。

山でも海でも過ごしましたが、海に囲まれた離島…ということを忘れてしまうくらい、「町」感がありました。

何よりも、スーパー、コンビニ、ドラッグストアと何でも揃っているのに驚きました。

 

で、最初のアルバイト先は、安田農園

パワフルな娘さん&お母さんのもと、じゃがいも収穫に気合いが入ります。

そんな傍らで、優しいお父んの存在があり癒やされました。笑

ご家族みなさん、とても賑やかで楽しい農家さんでした。

雨の日は、じゃがいもが掘れないのでJAの選果場でじゃがいもの選果のお手伝い。

天気に左右される農業アルバイトですが、こうして日々なにかのお手伝いがあるので、安心でした。

1カ月ほどすると、地元の方々、農業アルバイトの方々など、島でたくさんの知り合いができてきました。

一緒にアルバイトをする人たちのなかには、沖永良部島に移住するために農業アルバイトにやってきている人もいました。

東京の家を引き払って車に家財道具を積んでやってきたという強者もいました。

そんな人たちと時間を過ごすうちに、数カ月の予定をもう少し伸ばしてみてもいいかも、と思い始めるようになり、島にしばらく住み続けることにしました。

ということで、住み続けるために、新たな農家を探し、新田農園さんにお世話になることができることになりました。

これから、どんな人生が待っているかわかりませんが、東京にいたときの得体のしれない不安からは脱却したことは間違いありません。

不安や、えっ!?って思うこともあるけれど、わくわくして過ごす時間が確実に増えました

しばらくは、あまり気を張らずに島ライフや農業を楽しんでいこうと思います。

農業アルバイト体験談~復職に気合いが入りました!

2019年3月1日

ARGさん
30代女性/長野県/看護師
農家:TANAKAFLOWER、東農園
作目:トルコキキョウ、ユリ
期間:12月~2月

ハードな仕事で体を壊し、いったん離職したんです。

リフレッシュするため、山小屋でアルバイトをはじめたときのこと、痙攣をおこしたお客さんの看護を任されました。
その時に患者さんから「ありがとう」と言われ、看護師として再度生きていこうと決意しました。

でも、再就職したらもう長期の休みが取れない。

今しかできないことをやろう。

それが、憧れの島の暮らし!

同僚から勧められた沖永良部島に行くことに決めました。

でも、ただの観光ではなく、島の人のように暮らしてみたい。

農家のアルバイトがあることを知り、大好きな花の仕事ができる農家にアタック。

すぐに、働けることになり、島に飛びました。

最初の1か月は、TANAKAFLOWERでのトルコキキョウの出荷作業。

12月は出荷のピーク期でした。

オーナー夫妻は毎日深夜まで残業し、朝も日が昇らないうちから作業していました。

それでもアルバイトのために、オーナー夫妻はじめおばちゃんまでもが、おいしい夕食やサータアンダギーなどのおやつを手作りしてくれて、本当にありがいものでした。

 

仕事もきついとは思うことはなく、ただただ花に向き合い、経営に向き合う夫妻の姿に、エネルギーをもらうばかりでした。

1月からは、東農園でアルバイト。

6種類のユリを選別しながら、花の種類、花の市況、消費者動向への対応などを毎日教わりました。

本当に、勉強熱心だし、みんな花が大好きだし、忙しいよりも、楽しいことが先にたちました。

昼食はお母さんの手作り料理。これがまたおいしくて、やる気が満タンになります。

休憩時間には、畑の近くにあるワンジョビーチやソテツジャングルに連れて行ってくれたり、仕事終わりには島の居酒屋に飲みに連れて行ってくれました。

休暇も取らせてもらい、ケイビングにも行ってきました!

そして、ついに訪れた島を離れる日。

約2カ月間を過ごしたドミトリーあぐりともお別れです。

ドミトリーあぐりで、農家さんや他の農家のアルバイトさん、オーナーの佐藤さんと語り、たわいもない話をして過ごした夜が忘れられません。

本当に、なかなか出来ない貴重な経験を沢山させていただきました。

花の農家さんで働かせていただいて、生産者の方がこんなにも1つ1つ愛情をかけて育てていることを肌で感じ、もっと花を大切にしようと思えました。

また花も人と一緒で日々成長しているんだなぁと感じました。

帰り際には、たくさんの差し入れと、

フェリーに見送りにも来ていただきました。

島の人達の頑張っている姿はとてもステキで、夢を追って頑張っていた頃の自分を思い出すことが出来ました!

心の糧を沢山持って、地元で一から頑張ります!

看護師に復活するため島を離れなければならないことがとても残念でなりませんが、島の病院で働くことも考えたいなと思いはじめています。

一人前のナースになって戻てきます!

農業アルバイト体験談~世界を旅してたどり着いた沖永良部島

2019年1月26日

HRMさん
30代男性/東京都/旅人/移住歴4カ月
農家:安田農園、新田農園 作目:じゃがいも 期間:2月~

東京生まれで東京育ち。

もともと、東京で会社員を続けるつもりはなく、どこかに自分の住む場所を見つけようと思い、30歳で仕事をやめ、日本各地、世界を旅していました。

ケイビングに惹かれ、初めて沖永良部島に来たのが3年前。

花農家でアルバイトしながら数カ月間暮らしました。

その後もいろんな国をめぐってきたけれど、沖永良部島が一番肌に合っていたかな。

旅しているうちに、野菜を作りたい思いが強くなってきて、野菜農家にお世話になることにしたんです。

沖永良部島の良さは、田舎すぎず都会過ぎずバランスがとれていること。

うまくいえないけど、自分はとにかく肌に合ってる。

東京で借りていた家は引き払い、車に荷物を積んで島に来て、まずは住み込みアルバイトをしながら、現在家探し中。

でも、いまは意外と家が見つからないことに焦っています。

移住前には、しま暮らし体験ハウスの情報以外、家については調べなかったんです。見つかるものと思っていたんですが。。。

でも、好きなこの島で家を借り、畑を借りて暮らしていくために、しばらく住み込みで農家さんにお世話になりたいと思います。

【視察報告】空き家活用事例~頴娃町おこそ会~

2019年1月22日

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
視察の拠点「塩や、」

1月18日~20日の日程で、頴娃町の空き家活用事例を視察してきました。
視察には、空き家再生に関心のある行政や民間の方も参加。

南九州市頴娃町(えいちょう)のNPO「おこそ会」主催で、美味しいものを食べながら改修案件の不動産、建築、町起こしを学ぶというものです。

講師には、不動産、建築士、大工などのプロも参加くださいました。

おこそ会は、頴娃商工会のまちおこし委員会が母体となって、まちおこし活動を推進するために2005年に団体が結成され、2007年にNPO法人化。
NPOの大先輩です。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、村上 裕希さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、室内
参加者と情報交換をはかる

先進事例として取り上げられるおこそ会も、家探しは苦労していることがわかりました。現在、10軒ほどの空き家改修しているものの、全て一人の大家とその親戚のお宅で、広く波及するにはなかなか根気がいるようです。

まずは、徹底的に協力者を得るのが最短だと肝に銘じました。

また、空き家活用をビジネスモデルにするために、借主負担で改修、6年運用の家主負担ゼロモデルのカリアゲJapanの事例紹介や、改修中は家賃をなしにしてもらう大家との契約などの工夫を紹介いただきました。

また、手を出す空き家についても、やみくもではなく、意外と「骸骨」物件が良いこともアドバイスをいただきました。倒壊間際の骨組みだけ残った物件だと、構造がすぐわかり、補強箇所も簡単に計算できるのだそうです。

講師陣、参加者の皆さん全員が奄美群島の空き家問題解決に向けて、知恵を絞っていただきました。

古民家改修レストランル プロンド アーカー食事も改修も素晴らしいものでした。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、家、木、空、屋外、自然
古民家改修レストラン
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、リビング、室内
古民家改修レストランの店内

いい仲間が出来ると励みになると痛感した3日間でした
皆さま、ありがっさまりょーた!(奄美語)

※報告会は、平成30年度鹿児島県地域貢献活動サポート事業を活用しています

<滞在アルバイト>運転免許がなくても大丈夫!

2019年1月11日

「農業アルバイト興味があるけど、自動車免許持っていないからだめですよね?」

大学生から、こんな問い合わせを受けることがあります。

でも、免許不要!ときっぱり言い切る農家さんもあります。

菊をメインに生産する末川農園さん

4世代、元気で明るい末川ファミリー

2月中旬から3月中旬までアルバイトさん大募集!

【農業モニター募集】農業の魅力を伝えよう!

2018年12月31日

\農業の魅力を発信するモニターさん大募集!/
南の島で農業しながら、島の魅力、農業の魅力を発信してください!
お礼として、1万円のクオカードを進呈します!


場所:沖永良部島 アクセスはこちら
対象:18歳以上でSNSを使える方
定員:先着8名様
応募期間:1月1日~2月10日
モニター期間:1月1日~2月28日のうち1週間以上
モニターの役目:
繁忙期の農家で農業アルバイトをしながら、毎日SNSで情報発信
②農業アルバイト体験談の作成
お礼:クオカード1万円
流れ:
1.農業アルバイト申し込み(直接、農家にご連絡ください)
滞在型アルバイトページをご覧いただき、直接農家にお申込みください。
※チケット手配等はご自身でお願いします。

2.モニター申し込み
アルバイト先が決まりましたら、以下を事務局にご連絡ください。
申込フォームはこちら

3モニター開始
モニターのみなさまにお願いすること
◆一押し写真10点(島の風景や農業の風景)にコメントを添えて事務局に送付
◆毎日、SNSで島の様子や農作業の感想などをアップ
◆アルバイト終了後、農家でアルバイトの体験談作成(200字程度)
※事務局に送信いただいた写真の使用権は、NPO法人ねりやかなやレジデンスに帰属します。
※写真データは400万画素以上のJPEG形式でお願いします。
※立入りが禁止されている場所から撮影または危険な方法によって撮影しないでください。
※個人を特定できる人物が写っている場合には、必ず本人の了承を得てください。
※被写人物が20歳未満の場合は、保護者の了承を得てください。
※SNSには、必ずハッシュタグ #ねりやかなやレジデンス #沖永良部島 #おきのえらぶ #農業 #アルバイト #新規就農 を入れてください。

4事務局が内容を確認し、お礼のクオカードを郵送します。

たくさんのご応募お待ちしています!

※公益財団法人日本離島センターの「平成30年度離島人材育成基金助成事業」を活用しています。

NPO法人ねりやかなやレジデンス
担当:佐藤
〒891-9112 鹿児島県大島郡和泊町和泊121-1(沖永良部島)
e-mail:info@npo-nr.org

【開催報告】沖永良部島で農業にチャレンジ

2018年11月21日

2018年11月19日、沖永良部島の農家で農業をしたい!という方向けに、第2回「沖永良部島で農業にチャレンジ!」を開催しました。

場所は、品川宿にある「うなぎのねどこ」
奄美のイベントを定期的に開催しているコミュニティスペースです。

こじんまりとしたスペースに参加者9名(うち女性8名)。

この日は、沖永良部島の農家を取材した学生と実際に農繁期に農業アルバイトをした学生が体験談を紹介。

その後、島の特産物「生きくらげ」をしゃぶしゃぶと炒め物にして食しながら、ざっくばらんに沖永良部島の暮らしについて語り合いました。


島の特産物「生きくらげ」

移住したい、農業したい、でもきっかけがつかめずにいる、移住をあきらめかけていた、そんな女性の参加者の方が意気投合。

3人でシェアハウスしない?
とりあえず、しばらく働きながら滞在してみようかな。

終了後、そんな話まで飛び出し、沖永良部島滞在計画が立てられたのでした。

そして、参加者のひとりがこの冬ジャガイモ農家でアルバイトをすることになりました。

絶賛、滞在型農業アルバイト募集中!

南海日日新聞にも取り上げられました。

学生インターンin沖永良部島

2018年8月18日


学生インターン「島キャン」(カケハシスカイソリューションズ運営)が沖永良部島にやってきました。我がNPOにインターンしてきたのは、広報や報道に興味があるTさんと、Kさん。

農業の”の”の字も知らない学生たちの仕事は、沖永良部島で農業に携わる若者を呼び込むコンテンツ作り。

まずは、農業のお勉強。

沖永良部島の農業は、毎日為替と闘うグローバル農業。農業というより、経営や経済の話がメイン。初っぱなから度肝ぬかれる(≒ついていけてない)。

 

島で作られているものは大体理解したところで、生産農家にインタビュー。想像していた島の農業とのギャップに圧倒され、島キャン生の頭は大混乱。

若い移住農業者にも出会い、思いと計画性があれば夢は叶う(家も土地も見つかるもの)こともぼんやりと分かって来ました。

「誰かにこびた映像は人を感動させない。自分の感性を信じて、ターゲットに伝えることがだいじ。」

プロの報道やメディアの方から、取材や広報のレクチャーも受けました。

レクチャーはテレビ会議

取材の合間には、島の魅力的な景観をパシャパシャ。

さて、どんなコンテンツが出来上がるのが楽しみです!

 

7月の雑草たち

2018年7月31日

島は、ギラギラの太陽が照りつける7月になりました。

県道近くの海でもこんなに綺麗!

照りつける日差しで、雑草たちもへたばるかと思いきや!

成長まだまだ著しいのです。

7月に良く見られる雑草は、こちら。


相変わらず、ぺんぺん草とよもぎも成長しています。

そんななか、植栽したこの植物は健在!

5月ころ小さな紫色の花が咲きます。

どんどん勢いつけて欲しいです。

今日は、新たにご近所さんからトゲなしアダンをいただき、植栽。

成長すると、パイナップルみたいなオレンジの実をつけます。

 

ドミトリーあぐりも、少し南国らしくなりますよ!

2017年度活動報告(動画)~農業女子ドミトリー編~

2018年7月21日

当NPO法人の1年目の活動を映像でご紹介します。

その3:島の産業の担い手不足解消のために、滞在アルバイトのドミトリーを始めました@沖永良部島

沖永良部島にある和泊町に、NPO事務所兼女子ドミトリーを構えました。

繁忙期に滞在するアルバイトを募集し、農家が共同で使える低価格ドミトリーの運営を試行中です。

2017年度は延べ150泊の利用があり、インターネット等での募集には16名からの問い合わせがありました。