床を畳からフローリングへ

2018年10月13日

居間の床は、畳からフローリングにします。

改修前の居間

まずは、畳外し、
あわせて敷居も外します。
敷居は柱と柱の間にはめ込んでいるだけなので、足やバールでトントンすると外れます。

畳を外した状態

今回は、土間部分を床にしたり、段違いの床をフラットにするなど、素人には難しい改修内容のため、DYI職人に作業をお願いします。

まずは、土間部分に床束や大引きで床下を作り、さらに根太を並べてフローリング材を張る下地を作ります。

その上に、フローリング材を打ち付けていくのですが、躯体がねじれているため、床は上下左右にゆがんで作業は難航。

工務店であれば、ジャッキを使って躯体の高さ調整をしてから床はりの作業を行いますが、今回は素人でもできる改修を目指しているので、可能な限り、根太で調整しますが、完全な水平にはなりません。

根太を敷いて床下調整


根太と垂直に床をはります

床に置いたビー玉が転がる箇所もあることをオーナーに了解してもらいます。

床と壁、床と柱の隙間は巾木で隠します。

さすが、作業をしてくれたのが木工職人だけあって、かっこよく仕上がっています。

 

そうして完成した床がこちら。

ご覧の通りの見違えるような居間となりました!

フローリング材を張って完成!

ちなみに、今回使ったフローリング材は硬く、上下に波打つ床に張るには、かなりの力と技術が必要でした。
コンパネを使えば、上下に波打つ床もなんのその。素人でも釘で打ち付ければそれなりに見栄えの良い床になるそうですよ。

畳上げ

2018年5月13日

古い家の改修か所を探すには、既存設備が動くかどうか、躯体は傷んでいないかを見ることになります。電気は契約することで分かりますが、浄化槽やプロパンガスは専門業者に見てもらいましょう。

海沿いの家は電気の屋内配線はやり直し、汲み取りトイレは潰して、新たに水洗洋式トイレと合併浄化槽を入れることにしました。ちなみに合併浄化槽がない家は生活用水が垂れ流しになっています。

専門業者にお任せするところはお任せし、躯体チェックはまずは自分たちでやってみることにしました。見えないところを見えるようにする=畳を上げ、内壁を外し、天井板をはがしていきます。

今回の改修では古い寝起きする場所を優先し(緑枠内)、台所、洗面所、浴室は新しく増築されたと思われるので、設備の不具合チェックと徹底掃除をすることにしました。

まずは躯体チェックの作業準備から。手袋、防塵マスク、防護メガネ、つなぎか合羽、帽子は欠かせません。本当にいろんなものが降ってきます。

最初に畳上げです。

    

山裾の家では、「あれ、この畳、軽すぎる!」がありましたが、今回の海沿いの家の畳は重かった=畳はシロアリには食べられていなかったです。よかった!

一見、綺麗に見える床板ですが、ヤモリの卵の殻がたくさん、割れてしまっているところもありました。

畳がなくなったら、次は天井板外しです。

 

 

”海沿いの家”のプロフィール

2018年5月12日

海沿いの家の改修が始まりました。

借主は奄美大島の南部で広域医療連携に取り組むお医者さんです。

住居は別にありますが、ご自分の南部での医療活動に加え、

研修医やヘルプ医療従事者の滞在先としても活用する予定です。

せっかく奄美大島で働くなら、島の過疎の医療現場を知ってもらうとともに、

島の楽しみも体験して欲しいと海沿いの家を借りました。

パッと見からも分かるように年代物ですが、

空き家歴は短く、島では優良物件と言えます。

それでも、天井板にシミ、つぎはぎ板の廊下、訳の分からない虫の卵、

黒光りする巨大ゴキブリ、外が垣間見れる内壁、

奥底が見えないぼっとんトイレなど、田舎の家の代表的な事象は

各所で見られます。

公的支援は一切ない滞在ハウスなので、家の改修費は最低限に抑えたい。

でも、島ライフを知らない医療関係者が虫や自然に驚いて

逃げてしまうような状況は防ぎたい。

カッコよく仕上げたいところですが、暮らすために必要な設備改修が先です。

予算とも相談しながら、ざっくり最初にどこを重点的に改修するかを決めて、

滞在する医療関係者の使い方が見えてから段階的にレベルアップすることにしました。

ということで、次回は家の中の総点検の様子をお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DIY物件第1号 床に防腐剤

2018年4月12日

床板の裏面に防腐剤を塗らなければ、コンパネが大好物のシロアリがやって来ます。

時間がかかる作業ですが、とにかくシロアリ防除のために無心で塗ります。

結構、臭いがきついので、窓は全開。

1枚塗るのに4分だから、20枚で1時間半と予想していたのに、気づくと10枚で1時間半Σ(゚д゚lll)ガーン

防腐剤1キロ使いきりました。

 
 

ということで、防腐処理したコンパネのほうがが実は安上がりかもしれません。

 

DIY物件第1号 床にコンパネを敷く

2018年4月11日

木材店に発注していた床板が到着しました!
 
 
山裾の家は、梁がほぼシロアリに食われているので、状態があまり良くありません。
だから、5年持ってくれればいいと腹に決め、安い構造用のコンパネを使います。
 
 
 
早速、床材を敷いてみます。
 
山裾の家は、100年ほど前に有屋集落に建てられた家を移築したのが原型になっています。
移築されてからも50年は経っている様子。

柱はゆがみ、部屋の縦横の寸法を測ると、長方形ではなく、少しずつ歪んでいます。

なので、4隅が直角の既製品を組み合わせただけでは、床は完成しません( ̄。 ̄)

 
まずは、木材屋さんに敷き詰められるだけ敷き詰めてもらい、

収まりの悪い箇所は、ノコギリで形を整えて配置してもらいました。

ありがたや。

もはやDIYじゃなく、他力本願。

 

 30分ほどで、15枚のコンパネが敷き詰められました。
 
ちょっとカッコよくみせるために、数枚の塗装コンパネを購入しましたが、滑りやすいため床に使うのはNGだそうです。

ということで、壁に使うことにしました。

なかなかかっこいい!

床板のコンパネは、シロアリの大好物なので、防腐剤を塗ります。

1枚塗るのに4分もかかる(-。-;)

20枚で80分・・・気が遠くなる作業だわ。

DIY物件第1号 初めての資材調達

2018年3月10日

素人なりに書いた改修後の平面図を持って、地元の木材店へ。

寸法も数量もちゃんと積算していないけど( ̄_ ̄ i)

 

親身に相談に乗ってくれる、木材屋のおじさん。
 
外壁や床用のコンパネを買おうとすると、

「コンパネはシロアリの大好物だよ」と即答。

 
なので、防腐剤は必須です。

まあ、あとで思えば、費用や手間を考えると、防腐剤にどぼ漬けしたコンパネを買えばよかったのですが。。。

<ミニ知識>コンパネとベニヤの違い
どちらも合板ですが、一番大きな違いは厚さ。
コンパネ:コンクリートパネルの略称。コンクリートを打設に利用する型枠に使われる合板。板を5層に貼り合わせた厚さ12ミリの合板。屋外で使うものなので耐水性はあるけれど、内装材などにはあまり向かないようです。大きさは、180mmx90mmが一般的。
ベニヤ:2.3mmから30mmまでの厚さがあって、種類が豊富。大きさは、コンパネより少し大きく1820mmx910mm。ブロク(3x6)と呼ばれる板。
参考ページ