床を畳からフローリングへ

2018年10月13日

居間の床は、畳からフローリングにします。

改修前の居間

まずは、畳外し、
あわせて敷居も外します。
敷居は柱と柱の間にはめ込んでいるだけなので、足やバールでトントンすると外れます。

畳を外した状態

今回は、土間部分を床にしたり、段違いの床をフラットにするなど、素人には難しい改修内容のため、DYI職人に作業をお願いします。

まずは、土間部分に床束や大引きで床下を作り、さらに根太を並べてフローリング材を張る下地を作ります。

その上に、フローリング材を打ち付けていくのですが、躯体がねじれているため、床は上下左右にゆがんで作業は難航。

工務店であれば、ジャッキを使って躯体の高さ調整をしてから床はりの作業を行いますが、今回は素人でもできる改修を目指しているので、可能な限り、根太で調整しますが、完全な水平にはなりません。

根太を敷いて床下調整


根太と垂直に床をはります

床に置いたビー玉が転がる箇所もあることをオーナーに了解してもらいます。

床と壁、床と柱の隙間は巾木で隠します。

さすが、作業をしてくれたのが木工職人だけあって、かっこよく仕上がっています。

 

そうして完成した床がこちら。

ご覧の通りの見違えるような居間となりました!

フローリング材を張って完成!

ちなみに、今回使ったフローリング材は硬く、上下に波打つ床に張るには、かなりの力と技術が必要でした。
コンパネを使えば、上下に波打つ床もなんのその。素人でも釘で打ち付ければそれなりに見栄えの良い床になるそうですよ。

天井はすだれ仕上げ

2018年10月13日

スケルトンにした居間の天井は、「すだれで覆い、照明を工夫して南国感を演出」します。

天井板を外した天井

これまでNPOが扱ってきた空き家は、天井板を外すと、柱が天井まで到達していなかったり、梁が浮いていたり、屋根のトタン板が野地板の隙間から見えていたりと驚くことが多かったのですが、今回の家は野地板も隙間なく敷き詰められ、塗装さえすればそのままでも十分使えるものでした。

でも、コンセプトは”南国感の演出”。

すだれを天井に張ることにします。

まずは、少しでもシロアリなどの虫が近寄らないように、屋根裏全体に防腐剤を塗布します。

防腐剤を塗布したらすだれ止め作業開始。

DIY職人に手ほどきをうけながら、垂木に沿ってすだれをタッカー(大きなホッチキス)で止めていきます。

すだれのサイズは、ホームセンターに売っている一番小さなサイズ(450㎜×900㎜くらいの)が便利。

女性でも比較的楽に作業できます。

タッカーの針は10㎜がベストでした。

上を向いた作業なので、思った以上に腕が疲れます。

タッカーは、女性だと両手を使わないと何か所も一気に止めることができないので、休み休みの作業です。

作業はふたりがかり

ちょっとでも気を抜くと、止めたはずの大きなホッチキス針がとれて、すだれがぶらんぶらんします。

なので、天井にホッチキスが刺さる場所には、これでもかというほどタッカーの針を打っていきました。

慣れてくると、素人の女性二人がかりで30分で2畳分は仕上がります。

DIY職人がやると、約15畳分の天井で約半日作業かな。

よーく見ると隙間が開いていたりしますが、ご愛敬ですかね。

というわけで、最後は、梁に裸電球を取り付けて、こんな感じで南国感満載の居間となりました!

照明もついたすだれ天井

ぼっとん便所を水洗化

2018年10月8日

ぼっとんトレイ(汲み取り式トイレ)から水洗トイレ(合併浄化槽)に改修する工事は、さすがに業者さんにお願いです。
※合併浄化槽の設置には、補助が出る自治体もあるので業者や自治体への確認をお忘れなく。

ぼっとんトイレは便器を外して、穴を埋め、

既設のぼっとんトイレ

浄化槽を入れる穴を掘って、浄化槽を埋め、

浄化槽を設置する穴を掘って
浄化槽を埋める

便器などを設置して完成!

新設した水洗トイレと洗面所

改修箇所を決める

2018年10月8日

剥がせるものを剥がし終え、家のゆがみやシロアリをチェック。
もちろん、ここは経験ある方にお願いします。

天井裏もチェックしたけど、幸い生きたシロアリは発見されず。

柱にわずか、食い散らかした跡があるだけでした。

建物は、サッシが閉まりにくい程度のゆがみ。
空き家ならつきものって感じの歪みなので、今回は気にせずに改修を進めることにしました。
※床の水平のゆがみがあると、人によっては乗り物酔いすることもあるので、なるべくなら、プロの方に建物の水平のゆがみを調整してもらうことをお勧めします。

ほっとしたところで次は、改修箇所とDIYする箇所を決める作業。
居間、台所、トイレなどに区分けして、それぞれやることを決めます。

【A ぼっとんトイレと洗面所】
水洗トイレをひろーい脱衣所に併設(新設)のため、改修に手のかかりそうなこの部屋は当面塞ぎます(≒開かずの間)。

【B 居間】
畳や床板をはがして、全面フローリングに取り替え。
壁は、古いものを剥がしたので、新しくコンパネを打ち付けて塗装。
天井はすだれで覆い、照明を工夫して南国感を演出します。

【C 押入】
扉も天井板も取り外し、簡単なブラインドを取り付けます。
コンパネむき出しの押入は、天井にはすだれを張り、床は塗装コンパネにさらに塗装をかけて、ブラインドを開けると、部屋と一体感が出るようにします。

【D 台所】
徹底掃除と壁の化粧コンパネ塗装と照明でかっこよさを演出します。

【E 脱衣所】
家庭用洗濯機が4つは置けるくらい広い脱衣所なので、水洗トイレと洗面所をここに新設します。

【F 風呂】
タイルの目地の黒カビを徹底的に除去!

【その他】
・網戸の張替え
・シルバーのサッシを、シックな茶色に塗装

とまあ、こんな感じで進めることにしました。

移住体験プログラムのご案内

2018年9月2日

NPOねりやかなやレジデンスが企画・運営する移住体験イベントをご紹介します。
南の島の暮らしにちょっと興味あり!という方から、真剣に移住を考えている方まで、まず一度、奄美群島にお越しください。
観光では知り得ない島の暮らしを垣間見ることができますよ。

先輩移住者を訪問
住まいや滞在施設を見学

 ■住まい特化イベント

開催日 開催地 主な内容 参加費 定員 詳細
募集締切
2018年9月21日(金)・22日(土)
奄美大島 先輩移住者訪問、先輩移住者との交流会、空き家を改修したDIY住宅見学ほか

ひとり
15,000円

8人 こちら
募集中!
2018年
11月10日(土)
奄美大島 先輩移住者訪問、先輩移住者との交流会、改修中の空き家見学 ひとり
10,000円
5人 こちら
募集中!
2019年
2月23日(土)
奄美大島 先輩移住者訪問、先輩移住者との交流会、改修中の空き家見学 ひとり
10,000円
5人 こちら

イベント情報は、随時更新しています!

過去のイベントの様子
◆2018年9月21日・22日のイベント
1日目 奄美大島北部の物件見学と先輩移住者訪問
2日目 DIYハウス見学と瀬戸内町探訪
2日目 奄美市住用町の物件見学と移住企業者
2日目 移住起業者のショップ訪問と住民移住者交流会

講演しました:中山間地域等集落活性化推進地域会議

2018年8月30日

鹿児島県大島支庁が主催する「中山間地域等集落活性化推進地域会議」で、NPOの空き家活用の取り組み紹介や空き家活用の課題を講演しました。

南海日日新聞の記事はこちら

出席者は、奄美大島の行政担当者はじめ、地域おこし協力隊、NPO法人など約30人が、講演をあたたかく聞いてくださいました。

<講演の抜粋>
◆NPOが今後やっていきたいこと
・家主に負担の少ない空き家活用モデルを増やす
・NPOが改修し、賃貸物件としてサブリース
・NPOが改修し、お試し暮らしハウスとして提供
・借主自ら改修するためのサポ―ト

◆物件数を増やすための課題を行政と取組みたい!
・集落浄化槽等の整備
・改修費や浄化槽の補助対象を家主・借主以外に拡大
・空き家調査と家主特定
・家主に対する空き家活用への意識醸成

(写真撮り忘れました…汗)

8月の雑草たち

2018年8月27日

7月から8月にかけては、雑草たちも流石にくたびれてあまり成長しない、と聞いていましたが、

今年は台風で雨も多く比較的涼しい日も多かったせいか、くたびれるどころか成長著しい雑草たち。

2週間放置すると、土手も砂利の庭も緑に覆われます。

この時期は、相変わらずのぺんぺん草とよもぎは大繁茂( ̄□ ̄;)

加えて、

結構根っこが深く伸びてるこいつと、

白い花が咲くセンダングサみたいなこいつが成長中。

今回は、NPOにインターンしてくれた学生(島キャン生)とヤギのふぅちゃんが草刈りを手伝ってくれました。

みへでぃろ~。

学生たちとやぎ
日の出とともに草を抜く
きれいになった土手
やぎのふぅちゃんの成果

 

農業人材をGETするぞ!ターゲットは?

2018年8月19日

島キャン生が昨夜出会ったのは、夢を叶えるために東北から沖永良部島に移住して農業を始めた青年Sくん。


空き家だけじゃなく、畑とハウスまで手に入れてしまったのは情熱と計画性。

すぐに住める空き家、すぐに使える畑やハウス、牛舎。貸したい人は確実に増えてる。

でも借り都市部の常識と島の常識とのミスマッチでトラブルもあるけど、情熱と計画性、そして他人へのリスペクトがあれば、問題にもなりにくい。

話がそれたけど、島キャン生の話によると、Sくんになりたい学生は増えているらしい。
でも、あとひと押しが必要。
Sくんになりたいけど、不安もあるし、どうしていいのかわからない。
それで、とりあえず入れる企業に就職するらしい。

島キャン生は、「ひと押しになるコンテンツ」を作りたいと、毎日、脳みそフル回転させてます。

 

こんな写真撮って、こんなストーリーでムービー作って、なんて、大人の押し付けはほんとに良くないな~と感じた一日でした。 (さらに…)

学生インターンin沖永良部島

2018年8月18日


学生インターン「島キャン」(カケハシスカイソリューションズ運営)が沖永良部島にやってきました。我がNPOにインターンしてきたのは、広報や報道に興味があるTさんと、Kさん。

農業の”の”の字も知らない学生たちの仕事は、沖永良部島で農業に携わる若者を呼び込むコンテンツ作り。

まずは、農業のお勉強。

沖永良部島の農業は、毎日為替と闘うグローバル農業。農業というより、経営や経済の話がメイン。初っぱなから度肝ぬかれる(≒ついていけてない)。

 

島で作られているものは大体理解したところで、生産農家にインタビュー。想像していた島の農業とのギャップに圧倒され、島キャン生の頭は大混乱。

若い移住農業者にも出会い、思いと計画性があれば夢は叶う(家も土地も見つかるもの)こともぼんやりと分かって来ました。

「誰かにこびた映像は人を感動させない。自分の感性を信じて、ターゲットに伝えることがだいじ。」

プロの報道やメディアの方から、取材や広報のレクチャーも受けました。

レクチャーはテレビ会議

取材の合間には、島の魅力的な景観をパシャパシャ。

さて、どんなコンテンツが出来上がるのが楽しみです!