団体概要

名称

特定非営利活動法人ねりやかなやレジデンス

NPO NERIYAKANAYA RESIDENCE(略称:NPO-NR)

(海のかなたの楽園にある“住まい=レジデンス”を意味します)

事業所 〒891-9112 鹿児島県大島郡和泊町和泊121-1
設立 2017年7月20日
役員

代表理事:

副代表理事:

理   事:

 

監  事:

佐藤理江(合同会社りえらぼ代表)

山腰眞澄(株式会社ねりやかなや社長)

山元勝己(奄美メディアステーションHD株式会社専務)

平野 淳(エモーション株式会社創立者)

佐藤 宏亮(芝浦工業大学准教授)

会員数

ビジネスパートナー会員 25

DIY会員 1

サポーター会員 10

(2018.10.1現在)

URL http://npo-nr.org/
https://www.facebook.com/neriyakanayaresidence/


理事プロフィール

佐藤 理江(さとう りえ、代表理事)
_________________________________________________________________

佐藤理江

略歴 1975年香川県生まれ。

都市計画コンサルタント事務所に勤務し、離島や自然公園地域の問題解決や計画づくりに従事。

2012年から奄美群島の移住定住促進の事業にかかわるようになり、地域に密着した仕事をしたいと思い2014年に独立。合同会社りえらぼを設立し、龍郷町に事務所を構える。

2017年沖永良部島和泊町転入、NPO代表就任。

奄美との関わり

学生時代に加計呂麻諸島を訪れたことで人生観が一変。UIターン者が地域を動かす原動力になっている現場を目の当たりにし、奄美に引き込まれ、足しげく通うようになりました。 仕事では、移住体験ツアーやプログラムの構築、空き家の実態調査や活用提案、空き家活用・運営サポート、大学と連携した集落の魅力化プロジェクトなどに携わっています。

NPOでやりたいこと

地域のみなさん、出身の方々の力をお借りして、住む人も受け入れる人も幸せになる奄美を実現していきたいと思います。

_________________________________________________________________

山腰 眞澄(やまこし ますみ、副理事)

山腰真澄 略歴 1962年東京生まれ。

東京で製薬メーカーから社会人をスタートし、転職。主に戦略専門の経営コンサルティング会社で企業/事業の立て直しに従事。

2007年に奄美大島龍郷町に移住。

一時インターネットベンチャーに勤務した経験を生かし、奄美群島への移住支援情報サイト「ねりやかなや」を運営する株式会社ねりやかなやを設立。 現株式会社ねりやかなや代表取締役。 奄美群島UIO協議会の発足時からのメンバー。

奄美との関わり

移住希望者に対して直接情報発信する傍ら、奄美群島UIO協議会の活動を支援。移住体験ツアー、フリー滞在プログラム、空き家検討部会等の検討、実施にかかわる。

NPOでやりたいこと これまで使いものとされなかった空き家や空き地を使って、新しいビジネスの仕組みを島の人たちと誕生させたい!

  _________________________________________________________________

山元 勝己(やまもと かつみ、理事)

略歴 1971年東京生まれの奄美大島2世。

26歳から奄美大島在住。奄美の地元テレビ局で活躍し、現在、奄美メディアステーションホールディングス株式会社で専務取締役を務めています。

奄美との関わり

奄美特有の地域課題をクリエイティブの力で解決したいと思っています。

NPOでやりたいこと

新しい分野の仕事ですが、今まで培ってきた経験を活かして、島々の発展に寄与したいと思います。

_________________________________________________________________

  平野 淳(ひらの あつし、理事)

hiranoatushi 略歴 1974年生れ。

氷河期真っ只中の97年に新卒で総合商社に入社なるも、3年で出資先のインターネットベンチャー企業にストックオプションに目が眩んで転籍。企画・マーケティング・営業・システム・プロモーション・効果分析など、事業のイロハを学ぶ。 その後、同僚とウェブマーケティングの会社を設立。自動車業界・不動産業界を中心に”嘘のないウェブマーケティング支援”を展開し、12年間で1000社の事業拡大をサポート。 昨年末に会社を後継に譲り、古巣の総合商社に復帰し地方経済活性化に取り組む。“地方創生” “古き良き日本を後世に伝えること”を今後のライフワークに定め、本NPOに参画。

奄美との関わり

ベンチャー時代の上司である山腰がIターンしたのをキッカケに、夏休みの家族旅行で来島したのが最初。それから10年間連続、夏休みは奄美。社員旅行も奄美。仕事では”奄美群島への移住支援サイト”の運営をサポート。

NPOでやりたいこと

毎夏、僕と家族に幸せを感じさせてくれる奄美に、何か恩返しがしたい。”レジデンス(住まい)”が中心になるが、それに限定せずに貢献の領域を模索して行きたい。