しま暮らしを体験しませんか?

2019年12月28日

年末は東京で過ごしている代表です。
 
最近のテレビの効果は大きなようで、とっても身近で、しかも若い人から、「南の島に移住したいと思っていて…奄美もいいかなと。」と相談を受けることも増えてきました。
 
またも釣り好きです。
 
でも、奄美大島の話をしているのになぜか噛み合わないな、と思っていたら、テレビに登場していたのは沖永良部島だったり、徳之島だったり・・・。
 
そう”奄美”には、風土も歴史も違う8つの有人島があるのです。
そして、およそ10万人が暮らしています。
 

奄美群島ってこんなとろです(ねりやかなやサイトにリンク)

え、飛行機でいけちゃうの?
奄美大島って集落ひとつじゃないの??
コンビニもあるの?
奄美大島だけじゃないの?

少しでも気になったら、まずは、島に足を運んでみませんか?
観光では見えてこない島の暮らし、人との触れ合いをご提供します。
年明けは下記日程で、移住体験ツアーが予定されています。
2020/2/7~2/9 奄美大島(北部)
 
さらに気になったら、島にちょっと暮らしてみませんか。
 
まずは、いられるだけ、気軽に、手軽に島暮らしをしてみましょう。
 
NPOでは、タイプの違う1棟貸しの滞在施設をご用意しています。
 
コンパクト規格住宅モデルハウスも体験できるゲストハウス
 
島らしい一軒家

晴れの日の風景

2019年12月30日

一世を風靡したと言っても過言ではない”大島紬”。

昭和40年代から50年代初めにかけて、島の一大産業として島の経済を支えてきました。

その頃は、晴れた日にはあちらこちらで見られたのが「糊張り」の風景。

30以上にも及ぶ大島紬制作工程の最初の工程です。

決められた本数の絹糸がバラバラにならないように、糊で固める作業です。

ちなみに、この風景に出会えたら、この日は99%「晴れ」です。

なぜなら、雨に濡れたらかなりの手間がかかる作業が台無しになるから。

そんな風景が、match guest house(まっちゲストハウス)近くの川沿いにも残っています。

6本の束ねた絹糸を糊で固めてきます
イギスという海藻を使た糊
糸の長さは99尺(30メートル)

match guest house はお正月モード

2019年12月27日

♪も~いくつ寝るとお正月~♪

match guest house (まっちゲストハウス)は、

クリスマスからお正月モードになりました。

年明けには、看板も新たに設定する予定です。

外構も少しずつ建物にマッチしたものになっていきますよ~。

お楽しみに。

島興士たちの悪戦苦島の発表会【島サバクリエイティヴGCD-ガシド-】に出演します!

2019年12月26日

令和2年1月19日、

島興士たちの悪戦苦島の発表会【島サバクリエイティヴGCD-ガシド-】

に代表佐藤理江が出演します!

まさに、悪戦苦闘島の日々と、どうにかしたい思いをみなさんに是非聞いていただければと思います。

お待ちしております!

================
2020年1月19日(日)
会場:龍郷町生涯学習センターりゅうがく館

※入場無料

開場:午後13時30分 
開会:午後14時00分

主催:奄美群島広域事務組合

協力:あまみエフエム/株式会社しーま

お問い合わせ
奄美群島広域事務組合 0997-52-6032
アーマイナープロジェクト 0997-53-2202
================

match guest house に泊まりました~お客様からの感想~

2019年12月23日

match guest houseにご宿泊いただいたご夫妻から感想をいただきました。

「オーナーの女性ならではの心配りが嬉しい空間。 せっかくなら集落の中で静に過ごしたい、集落の生活を垣間見てみたいという方にお勧めですよ。 夜は街中にはない星空の近さ、早朝から聞こえるご近所さんの活動的なにぎわいは自然と健康的な暮らしを体感できます。 場所がわかりにくいので地図をよくみながら来られることをおすすします。」

夜のチェックイン、道に迷われたようでご迷惑をおかけしました。

早速、GoogleMapに掲載しました。

ご宿泊ありがとうございました!

=====================
match guest houseについての問合せはこちら
NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:match@npo-nr.org
=====================

サブリース物件の入居者決定!

2019年12月18日

半年におよぶ交渉の末にお借りした、奄美大島龍郷町にある空き家。
広い家を探していた熊本からの移住カップルにお貸しすることが決まりました!

この空き家は、相対取引に不安のある大家さんに代わり、NPOが新たな家主となって住みたい方にお貸しするサブリース物件です。

新たな貸し物件、売り地情報も寄せられるようになりました。

新たな物件は、移住体験ツアーにご参加のみなさまにご案内いたします!

◆◆◆◆住まい特化ツアーin奄美大島◆◆◆◆
住まいを中心にした、1組限定ツアーです。
物件見学のほか、苦労の末に理想の住まいを獲得した移住者の方々にお話しを聞くことができますよ!
2020年1月10日(金)発もしくは11日(土)発
2020年1月24日(金)発もしくは25日(土)発
参加費:おひとり20,000円(1泊夕食付)
https://npo-nr.org/ijyuevent
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地域おこし協力隊募集見学ツアーで空き家レクチャー(第2回)

2019年12月7日

12月7日、龍郷町の地域おこし協力隊募集見学ツアー(第2回)が開催されました。

今回は、東京から沖縄まで5組の方々が参加。

地域おこし協力隊は「空き家活用」がひとつのテーマということで、

NPOでは、龍郷町円集落にあるDIYハウス「えんハウス」にお招きし、

龍郷町の空き家事情や空き家の見極めポイントを紹介させていただきました。

レクチャールームに大変身!

みなさん、島の事情を良く知っていらしたのでびっくりでした。

撮影:村上祐希

一緒に空き家のことを考える仲間が増えそうな予感です。

しま暮らし体験ハウス「なかほ」のご案内

2019年12月1日

しま暮らし体験ハウス「なかほ」は、奄美空港から車で約30分、

龍郷町戸口集落のど真ん中にある、素泊まり1棟貸しの宿です。

住所:鹿児島県大島郡龍郷町戸口1825(ビッグⅡから車で3分)

しま暮らし体験ハウス「なかほ」について
宿泊料金など
設備・アメニティ
間取り/室内の様子
アクセスと駐車場のご案内
戸口集落について
お客様からいただいた感想

■しま暮らし体験ハウス「なかほ」について

「なかほ」は、島の方言で中戸口のこと。
2019年8月にオープンした空き家を活用した1棟貸しの宿で、島暮らしを体験したい方や移住を検討されている方におすすめです。
とっても素敵なオーナーさんと共同で運営しています。
みなさまに少しでも思い出を作っていただけるよう、近所の明るいおばちゃんたちと一緒に交流体験プログラムもご提供します。

■宿泊料金表

宿泊人数 サポーター会員 戸口集落民割引
DIY会員
ビジネスパートナー会員
1人 6,000円/泊 3,000円/泊
2人 8,000円/泊 4,000円/泊
3人 10,000円/泊 5,000円/泊
4人 12,000円/泊 6,000円/泊
5人 14,000円/泊 7,000円/泊

・素泊まり1棟貸しです。
・表示価格には消費税が含まれます。
2泊以上からご予約可能です。
2020年5月末までの料金です。
・布団が不要なお子様は無料です。
・全客室禁煙です。
・ペットの同伴はご遠慮ください。
・非会員の方は、会員へのご入会または寄付(1,000円)をお願いします。
※会員についてはこちら

ご予約・お問合せ

■定員 5名

■設備・アメニティ

ガスコンロ、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、電気ケトル、調理器具、食器類、寝具、バスタオル、フェイスタオル、シャンプー、リンス、
ボディソープ、ドライヤー、洗濯用洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ピンチ、
エアコン、扇風機、掃除機、懐中電灯、ハンガー 、物干し竿、自転車(2台)
※テレビ、WI-FIは、ありません

 ■ユーザーガイド
しま暮らし体験ハウス「なかほ」のご利用方法と注意事項、周辺のお店等を紹介したユーザーガイドです。宿泊前にお読みいただくことをお勧めします。
NAKAHO_User Guide

■間取り/室内の様子
間取りは、とっても広い3LDKです。

ベッドのある洋室には、広いクローゼットが備えられていますので、長期の方は洋服をたくさん持ってきても全く問題ありません!

洋室

和室は障子越しにやわらかな光が差し込み、お茶を飲みながらゆっくり時間を過ごせます。

和室(6畳)

とにかく広いのが台所。大勢の宴会料理もなんのその。調理器具も揃っていて、普段料理をしない人もついつい料理したくなりますよ。

広いキッチン

ダイニングは6人掛けの重厚感のあるテーブルがあります。NPOが制作したテーブルです。

ダイニング

玄関を入ってすぐの共有スペースには、高機(大島紬を織る道具)があります。この家に住んでいた伝統工芸士の女性が使っていたもので、いまもパタンパタンと機を織る音が聞こえてきそうです。奄美や自然に関する書籍が充実するほか、花札や人生ゲームなどみんなで楽しめるゲームもおいています。

共有スペース

広いお風呂ですので、足を伸ばしてお湯につかり一日の疲れをいやしてください。

広いユニットバス

洗濯機も備えています。


洗面・脱衣所

トイレは水洗トイレです。ウォシュレット付きです。

水洗トイレ

玄関には屋根付きの物干しスペースがあるので、雨の日でも洗濯の心配がありません。

玄関と軒下の物干し

釣った魚を外でさばける、外流しがあってとっても便利!

自転車は2台あります。無料でお使いいただけます。

自転車(無料)

■アクセスと駐車場のご案内
(車でお越しの方)
空港から名瀬方面に向かい、ビッグⅡ手前の交差点を左に曲がります。

車で3分ほどで戸口小学校に出ます。
道が2つに分かれますので、右(上戸口方面)にゆるく曲がります。
↓↓↓↓↓の看板が目印です。

福永商店を過ぎると、

右手に緑の三角屋根の家が見えたら、左に曲がります。

駐車所は、川沿いのゴミステーション前の広場に停めてください。
※ただし、ごみ箱の前はゴミ収集車が停まりますので、広場の左寄りにお停めください。

しま暮らし体験ハウス「なかほ」は、駐車場手前の道を左に曲がり、右手2軒目になります。

(バスをご利用の方)
空港から名瀬行きのしまバスに乗車し、ビッグⅡで下車します。
ビッグⅡから戸口行きのバス(車両はタクシーです)に乗り3分。
中戸口バス停で下車します。
バスが来た方向に戻り植田畳店を過ぎ、左手に緑の三角屋根が見えたら右に曲がります。
バス停からしま暮らし体験ハウス「なかほ」までは、150メートル、徒歩約2分です。

ご予約・お問合せ

■戸口集落について

太平洋に面した集落で、古くから海に開けた集落です。下戸口集落・中戸口集落・上戸口集落の総称が「戸口」で、宿の名称「なかほ」は、中戸口の方言名です。

近くには戸口川が流れ、コウノトリの飛来が見られたり、上流ではタナガと呼ばれる川エビ捕りが楽しめます。

太平洋に面した磯場は全国の釣り好きも訪れるほどの釣りのメッカ。広大な干潟は島内有数のイザリ(※)の場所としても知られています。
※いざりは、大潮の干潮時に干潟を歩きながらタコや貝を獲る伝統的な漁法。

歴史を見ると、壇ノ浦で源氏に敗れ落ちのびた平家にまつわる伝承が多く残り、平行盛を祀った「行盛神社」や、海を一望できる小高い丘で、かつて平家が城を築いたと言われる「ヒラキヤマ」などがあります。

戸口集落は、奄美大島紬の工程がすべて残るといわれている唯一の集落で、運がよければ糊張り、はえばた、締め機、織りなど珍しい作業現場に出会うことができます。また、ふたつの泥染工房があり、操業と同時に白煙が立ち上る風景は、戸口ならではでしょう。

約280世帯、560人口が暮らしています。小学校が1校あり40名ほどの児童が学んでいます。

集落には小さな商店があるほか、車で3分のところに大きなホームセンター「ビッグⅡ」やドラッグストアがありとても便利です。

車がなくても、バス替わりのタクシーがビッグⅡまで運行しているので、車がなくても大丈夫。

長く滞在していると、近所の方が畑で野菜をもいでくれたり、料理を教えてくれたりすることもありますよ。

 

ご予約・お問合せ

 

■お客様からいただいた感想

「随所に心配り、おもてなしがみられ、ゆっくりと過ごすことができました。また機会があれば、お借りしたいと思います。」

「長い間快適に過ごさせていただき、ありがとうございました。また、ゆっくり、今度は休みを取って釣りに来たいと思います。」

「キッチン用品が充実していて、お風呂やトイレなどの水回りもとても綺麗です。2人で泊まるにはとても贅沢でした^ ^ 自転車の貸し出しをしていて集落を散歩できます。集落の方とお話できてとても楽しかったです。 移住や島暮らしのヒントを得られる本や、すごろくなどのゲームがあり、室内での時間も充実。素敵な時間をありがとうございました!

「設備がとてもきれいで清潔感のあるゲストハウスでした。次は沢山友達を連れて行きたいと思います。」

ご予約・お問合せ

 

=========================
運営:NPO法人ねりやかなやレジデンス
問い合わせ:info@npo-nr.org
=========================