移住体験ツアーin奄美大島南部 3日目 大和村

2020年2月17日

移住体験ツアーin奄美大島南部コース3日目。

ツアー最終目的地の大和村に到着しました。

大和村は、東シナ海に面した村で、11の集落に人口1,400人が暮らしています。

大和村も数年前までは、ほかの自治体と同じように、『住みたい人がいて、空いている家があって貸してもらえない』状況が続いていました。

しかし、一定の条件をクリアした空き家については村が購入し、リフォームして貸し出しはじめたところ、徐々に物件が増えてきたようです。

ツアーでは、今里(いまざと)から津名久(つなぐ)にかけて、集落内の施設や、行事ごと、青年団活動なども教えてもらいながら、数軒の空き家を見せていただきました。

250人が暮らす村で3番目に大きな名音(なおん)集落は、商店が2つと漁師の鮮魚店があり、青年団主催のイベントも盛り上がる集落で、最近は若いUターン者が増加中であることや、

畑も一緒に管理してほしいというオーナーさんもいます

村で2番目に大きな大棚集落は、奄美大島で一番古い集落立の株式会社の商店があることや、村にひとつの診療所には毎週決まった日にほとんどの高齢者が集まり、お互いが「元気だった?」と確認し合う光景がみられることなど、集落の暮らしが目に浮かんできます。

昔の家は天井が低いものが多いです

これから手を入れる物件がほとんどでしたが、状態の良い空き家が多くみられました。移住したい人の多くは、道具さえあれば自分で手直ししよう!と思えるレベルです。

観光スポットにも立ち寄りながら、大和村の一番名瀬寄りの国直(くになお)へ。

名音トンネル入り口の徳浜の断崖(とくばまのだんがい)高さは170メートル

国直は、集落住民がみなで集落の未来のために意見を出し合い、それをかたちにしている集落。

そんな国直集落を、大和村集落まるごと協議会の事務局、NPO法人TAMASU代表、生まれも育ちも国直集落という中村修さんに案内いただきました。空き家についても語ってくれました。

いまは少なくなったフクギ並木は集落住民の意思で残しています
昔、穀類などを保存していた高倉
バス停に掲示された住民が考えたローカルルール
住民みんなで作った集落マップ
切り干し大根の風景もあちこちで見られます
国直の浜は夕方の寄り合いの場でありウミガメの産卵地でもあります

国直集落のすごさを実感したプログラムでした。

最終日は、目の前が国直の浜という絶好のロケーションにある「民宿サンゴビーチ」に宿泊。夕食には、今里集落に4年前に家族で移住したOさんと、3年前に移住して一児の母となったももさんに同席いただき、島での暮らしを語っていただきました。

同じ大和村なのに集落が違えば文化も違う。Oさんとももさんが、お互いにお互いの集落の文化の違いに驚き、また、満足や不満があったりするけれど、そのとらえ方も千差万別であることが実感できた時間でした。

サンゴビーチ特製イセエビ鍋

 

参加者の福士様から感想をいただきました。

”移住体験ツアーでは大変お世話になりました。
個人旅行では体験できない数々の工程を組んでいただき、
たくさんの方と知り合い、
島のことや人のことを学び、
移住するための、した後のノウハウを得ることが出来ました。
100%移住するとは言えませんが、
今回の旅でますます奄美を好きになったのは確かです。
大切な時間や出会いを提供してくださり、
本当にありがとうございました!”

=====================

移住は人生の大きな決断です。
いろんな価値観を持つ方に話を聞き、いろんな場所をめぐり、一度立ち止まって考えてみることも必要です。
ロケーションだけで家を決めていませんか?
観光で行ったときにとても好きになった場所だからって決めていませんか?

NPOでは、奄美群島のことをもっともっと知ってもらって、好きになって、納得して移住してもらえるよう、お試し暮らしできる宿をご用意しています。
是非ご利用ください。

=====================

♪♪滞在施設運営中♪♪
コンパクトな規格住宅モデルハウス兼ゲストハウス
matc guest house(奄美大島/龍郷町龍郷)
https://npo-nr.org/match_guest_house/index.html

しま暮らし体験ハウス「なかほ」(奄美大島/龍郷町戸口)
https://npo-nr.org/guesthousenakaho

=====================
1組限定の移住体験ツアー毎月開催中♪

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:info@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

移住体験ツアーin奄美大島南部 3日目 瀬戸内町から宇検村へ

2020年2月17日

移住体験ツアーin奄美大島南部コース。

3日目は瀬戸内町清水(せいすい)から中心地古仁屋(こにや)を通過し、大島海峡沿いを走りながら、宇検村の屋鈍、大和村国直まで約110kmのハードな1日。

瀬戸内町から戦跡や集落のお店に立ち寄りながら宇検村へ移動。

手安(てあん)集落の弾薬庫、

阿鉄(あでつ)にある住民運営の「なあきゃんみせ」。集落に商店がないからと協力して作ったのだそうです。

日用品や雑貨、島のおしゃれなお土産(この日は喜界島の貴重なざらめも)、マグロや持ち寄りの書籍販売コーナーまで…。

営業時間は、朝9時から13時。定休日は月曜。(2020年2月11日時点)

道沿いにのぼりが立っていたら営業中
川沿いの棒…そう、ハブを見つけたら退治するハブ棒です。

久慈(くじ)集落にある旧海軍の給水施設。

レンガはかなり貴重なものらしいです。

オランダ積みというレンガの積み方だそうです
文字が刻まれたレンガが貴重さを物語る証のようですがこの日は見つけられず。

 管鈍から宇検村の一番奥の集落屋鈍(やどん)までは約60分。急いで山を越えて屋鈍に向かいます。

明治時代は、瀬戸内町の一部と宇検村の一部が同じ行政区だった時代もあったそうで、歴史の移り変わりを実感した道のりでした。

=====================
1組限定の移住体験ツアー毎月開催中♪

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:info@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

 

 

移住体験ツアーin奄美大島南部 3日目 宇検村

2020年2月17日

移住体験ツアーin奄美大島南部コース。

3日目は瀬戸内町清水(せいすい)から中心地古仁屋(こにや)を通過し、大島海峡沿いを走りながら、宇検村の屋鈍、大和村国直まで約110kmのハードな1日。

ランチタイムまでに、なんとか宇検村屋鈍(やどん)に到着しました。

宇検村は、焼内湾(やけうちわん)を囲むように14の集落が点在し、人口1,700人が暮らしています。湾の中央には枝手久島(えだてくじま)があります。
リアス式海岸に囲まれた焼内湾では、養殖業が盛んで、カンパチや真鯛のほか、クルマエビ、真珠、クロマグロの養殖も行われています。奄美黒糖焼酎「れんと」でおなじみの奄美大島開運酒造もあります。

2011年に宇検村に移住して早9年目という奥様が経営する「やどんカフェいちのいち」で、宇検村移住担当者から宇検村の移住施策について話をうかがいながらのランチ。

看板ニワトリのだいおう

やどんカフェいちのいちは、今年で3年目を向かえるといいます。空港から約2時間、奄美大島の中心地名瀬からも90分の道のりですが、この日は、次々とお客様がカフェを目当てに来店されました。

実は、カフェの隣に簡易宿所もオープン予定のようです。

ムロアジの一夜干し定食
テラダ(とびんにゃ、チャンバラ貝、マガキ貝ともいう)のパスタ
もれなくヤギもいます

昼食後は、屋鈍集落を散策。

いつの間にか増える手作りブランコ
サンゴの石垣
島を語る宇検村役場の藤さん
宇検集落14集落の半数が導入している集落の共同墓地
ここにもハブ棒

参加者は、ドローンで屋鈍の撮影を楽しみました。

 

宇検村では、学校の教員として赴任し、そのまま移住して14年目の後藤恭子さんにも同席いただいて、いまの活動や島の暮らしの移り変わりを教えていただきました。

後藤さんは、家族4人。奥様は2013年に就農しスミューファームを設立。長い間使われていなかった畑を開墾し、肥料も農薬も使わずに、フィンガーライムやレモン、島ニンニクなど島の伝統野菜などを作って加工し販売しています。

屋鈍のとなり阿室(あむろ)集落にオープンした週2日営業のショップはとってもおしゃれです。

後藤さんは、2009年に住民が結成した「阿室校区活性化対策委員会」のメンバーでもあります。廃校寸前の小学校を存続させるために住民自らが「親子山村留学制度」のしくみをつくり、活動をスタート。移住者も積極的に受け入れ、長年の成果が全国に知れ渡り、同委員会は、2017年には豊かなむらづくり全国表彰で農林水産大臣賞を受賞しています。

宇検村屋鈍(やどん)、阿室(あむろ)、平田(へだ)集落は、奄美の明るい未来を描かせてくれるエリアのひとつですね。

そんなことを思いながら、ツアーの最終地、大和村に向かいます。

=====================
1組限定の移住体験ツアー毎月開催中♪

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:info@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

移住体験ツアーin奄美大島南部 2日目午後

2020年2月16日

移住体験ツアーin奄美大島南部コース。

2日目午後は奄美大島南部瀬戸内町へ。

瀬戸内町は、74の集落に人口約9千人が暮らしています。大島海峡を隔てて、加計呂麻島、請島、与路島の3つの有人等もあります。中心地は、奄美大島第2のまち古仁屋(こにや)で、人口の約6割にあたる5千人が暮らしています。総合病院やスーパーなどもあります。

集落は樹齢40年ほどの緋寒桜でピンク色に染まっていました

ツアー一行は、古仁屋(こにや)に行く途中ある網野子(あみのこ)集落を目指しました。

月に2回高齢者が集まって、昼から飲んで歌って元気になる会があるという集落です。自慢は、認知症がひとりもいないこと。

この日は人口約70名、の網野子集落の3割ほどの方が参加されていました。ほぼ女性。最高齢90歳、80代8名くらい。

手作りの料理もいただきました

島唄と手作りの料理で歓迎してくださいました。

参加者のFさんは即興で津軽弁講座。

奄美の方言も教えてもらい楽しい交流となりました。

私たちがお暇した後が本番のようで、2時間ほどカラオケ宴会で楽しまれたようです。

元気すぎる・・・。

我々は古仁屋に向かい、途中、高知山展望所で大島海峡を眺めながら休憩。

大島海峡の向こうに加計呂麻島、請島、与路島が浮かぶ

瀬戸内町で移住2年目の役場職員から瀬戸内町の移住施策を聞き、

嘉鉄集落にある移住体験住宅を視察。

2室とも満室で、ちょうど入居していた老夫婦とお子様連れの女性にお会いし、話を聞くことができました。

移住体験住宅の入居期間は最長6カ月間。なので、退去後の住まいを見つけないと移住ができません。空き家はあれど貸してもらえない…、瀬戸内町の移住希望者の悩みのようです。

それにしてもこの海を眺めていると嫌なことはすべて忘れられる気がします

奄美大島屈指の品ぞろえを誇る瀬戸内酒販で夜の飲み物買い出しへ。島の黒糖焼酎のみならず、ワインやビールも充実。

夜は、10年ほど前に瀬戸内町清水(せいすい)集落にオープンした山小屋風の民宿「ユートピア」で、地元瀬戸内町の映像クリエイター岩元剛さん(iLand代表)、移住5年目イラストレーターの才木美貴さんとの交流会。

お互いの作品紹介などをしながら、コラボレーションの可能性を探りました。

左奥は、ヘッドマウントディスプレイで参加者の作品を見るMさん

宿のおかみさんが途中参戦。

同じ瀬戸内町でも、集落で全く暮らしが違うことを自身の経験に基づいて話をしてくれました。リアルでした。

=====================
1組限定の移住体験ツアー毎月開催中♪

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:info@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

 

 

移住体験ツアーin奄美大島南部 2日目午前

2020年2月16日

移住体験ツアーin奄美大島南部コース2日目。

雨予報でしたが快晴に恵まれました。

咲き乱れるブーゲンビリア

奄美市住用で民泊を運営するパンの木しょうてん庵の和田さんが、本当は教えたくない、マイ癒しスポットを案内してくださいました。

国立公園に指定された森で、世界自然遺産候補地にもなっているとのこと。

森の自然を堪能した後、和田さんのタンカン畑でタンカン狩り体験。

太陽の光を浴びて橙に色づくタンカンは、かなりの手入れをされているようで、傷が少なく中身のしっかりつまったタンカンです。

このタンカンをヒヨドリが食べに来ます。ヒヨドリはなぜか、美味しいものから順に食べるので、タンカン農家は毎日がヒヨドリとの闘い。

農家で生計を立てるのも一筋縄ではいきません。

 

最後に、住用の西中間集落を案内していただきました。

とっても素朴で、でもこのアーティスティックな看板に胸をぎゅっと掴まれるのは私だけではないはず。

 

大切に守られている神道や、水源なども案内いただきました。

空き家を活用した夢も語ってくれました。

楽しいことばかりではありません。

この地域は、2010年に豪雨による大洪水によって2名が亡くなりました。

でも、被害の状況からすると死者数は驚くほど少なく、助け合いの精神や自然と共生する暮らしが見えてきます。

時間があったので、モダマという世界一巨大な豆(平均長さ1m)が見られるという森へ。

時期がずれているので豆は見れませんでしたが、ここでも豊かな自然でリフレッシュ。

集落には、Uターンしたお姉さまが始めたハナハナ茶屋という飲食店があります。

郷土料理ワンフネ(豚骨とお野菜の煮物)など美味しいメニューが選べます。

一息ついて奄美大島南部の瀬戸内町に向かいます。

=====================
ウィークリー、マンスリー滞在にお勧め♪
match guest houseについての問合せはこちら

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:match@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

 

移住体験ツアーin奄美大島南部 初日

2020年2月15日

今日からいよいよ移住体験ツアーin奄美大島南部コースがスタートします。

参加者は、青森県在住、クリエイターの福士さん。

初日は、奄美市の定住促進住宅を見学。
※空き家となった住宅を市が借り受け、公的住宅として提供するもの。
奄美市の場合は、原則2人以上の世帯で島外からのUターン者・Iターン者(奄美市に住民登録をしてから2年以内)に限られます。

これまでのツアーはいつも満室でしたが、今回は3室の空きがあり、近く募集する物件も見ることができました。

お風呂のドアを開けたら、脱衣所もなく居間!、窓は木枠!という部屋も健在ですが、リフォームが少しずつ進み、現代風に変身中です。

奄美市の定住促進住宅
空き室の1室で、見学奄美市の定住政策について説明を受ける参加者

奄美市内の空き家バンク登録物件も増えているようです。
※空き家を「貸したい・売りたい」所有者と、空き家を「借りたい・買いたい」移住希望者が登録し、マッチングするしくみ。奄美市は、不動産会社による仲介が行われます。

奄美市名瀬の物件を1軒、奄美市住用村の物件を3軒案内いただきました。

外観は超レトロですが、
室内は新築アパート並み
奄美市住用町にも1戸建ての物件が出てきています

 

途中、奄美市住用町見里集落の国道沿いにある観光案内施設「三太郎の里」でタンカンジュースを飲みながら休憩。

夜は、予定変更で、奄美大島北部の龍郷町へ移動。

元奄美市地域おこし協力隊で、名瀬のまちなかで奄美伍郷商店を経営する長瀬悠さん(40)との意見交換を兼ねた交流会。
奄美伍郷商店:奄美のこだわり物産販売と島の食材を使ったたこ焼きやサンドイッチなどを提供する商店。

いまの仕事を継続しながら奄美で生計が立てられるのか、インターネット環境はどの程度整っているのかなど専門的な話が交わされました。

職業によっては、光回線が整備されていても回線スピードが追い付かないこと、モバイルwi-fiのほうが回線スピードが速い地域もあることなど知り、素人にとっては結構目からウロコな話もありました。

また、福士さんが奄美でいまの仕事を続けながら生計を立てるためには、需要の掘り起こしからスタートさせないといけないことも分かりました。

夜は、龍郷町戸口集落にある、しま暮らし体験ハウスなかほにご宿泊いただきました。

=====================
1組限定の移住体験ツアー毎月開催中♪

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:info@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

 

明日から、奄美大島南部で移住体験ツアースタート

2020年2月8日

明日からいよいよ移住体験ツアーin奄美大島南部コースがスタートします。

前日のハプニングもなんのその、お天気にも恵まれた充実したツアーになりそうです。

ツアーの様子は、順次報告いたします。

 

=====================
ウィークリー、マンスリー滞在にお勧め♪
match guest houseについての問合せはこちら

NPO法人ねりやかなやレジデンス
メール:match@npo-nr.org
=====================
スギもヒノキの花粉もない奄美へGO!

 

締め切り間近!移住体験ツアーin奄美大島

2020年1月28日

花粉症の季節が到来。
花粉症のない、南の島の冬”暮らし”体験してみませんか?
島は一足早い桜の季節になりましたよ。
緋寒桜の満開まであとわずか。

奄美大島移住体験ツアー
●北部 2/7(金)~2/9、25,000円(ひとり)
●南部 2/9(日)~2/12(水)、33,000円(ひとり)

喜界島移住体験ツアー
2/14(金)~2/16(日)、16,000円(ひとり)

奄美群島の住まい事情

2020年1月7日

沖縄県の北に位置する奄美群島は、8つの有人島があり、人口約10万人が暮らしています。

え!島なのに??ってよく驚かれますが、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島には、港だけでなく空港もあるんです。

意外と便利なんです。

 

南の島に移住したいという方はいらっしゃいますが、最近では沖縄に移住した方からの相談も増えています。家賃がどんどん高くなり暮らせない、文化に馴染めないなど理由は様々です。

そんなわけで、北からも南からも「奄美に住みたい」と人が流入してきているのが奄美群島です。

でも、希望者はいるものの住まい探しは一苦労。

そんな状況を裏付ける数字があります。

奄美大島にある人口6,000人の町の空き家バンクの登録状況です。

空き家バンク利用者数:6年間で90組

空き家バンク掲載物件:6年間で延べ18軒

その差は、72軒!

90組のなかには、既に奄美大島に暮らしている人もいるので、純粋に島外から家を探しに来ている人は約50組、登録者の6割です。

不動産会社はないの?と思われるかもしれませんが、不動産会社が扱う物件の大半は名瀬の中心市街地です。田舎の物件は、年に数軒掲載がある程度です。

タイミング良く見つかる方もいますが、理想の物件を探している方には、島に滞在しながら島の人と仲良くなって家を紹介してもらう。住み込みのアルバイトをしながら情報をキャッチするをお勧めします。

大工仕事に自信があれば、とりあえず雨をしのげる住まいを見つけ、自分で手直ししながら暮らすという選択肢もないわけではありません。

NPOでは、毎月移住体験ツアーを開催しています。
奄美のいろんなタイプの住まいをご紹介しながら、住まい事情を知っていただくツアーです。タイミングがよければ空き家も見学できますよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
次回の移住体験ツアーは
2020年1月24日~25日
詳細はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

【開催報告】移住体験イベント 2019年11月16日

2019年11月22日

今回も快晴に恵まれた奄美大島移住体験イベント。

東京と大阪から3名の方にご参加いただきました。

定年後の島暮らしに興味があるとのこと。

いつもより、集落散策や島暮らし体験ハウスが充実したイベントとなりました。

まずは、龍郷町の東シナ海側に位置する円(えん)集落へ。

まずは定番、NPOがDIY中のえんハウスを見学します。

シロアリ被害&隙間だらけの家。

1年半空き家だったえんハウス

移住したいのに家が見つからず、半年間ここに暮らしていたKさんが、シロアリとの闘い、ネズミとの共存生活など、リアルに語ってくれました。

夜はねずみの大運動会。どっちが住人なんだか・・・と語るKさん
トタン屋根、雨の日はテレビの音量最大にしても音が聞こえないんです

移住者だけどUターン?Kさんのお宅訪問

Kさん実は、家族が増えたのでえんハウスから奄美大島の中心・名瀬のアパートに引っ越していました。

しかし、しばらくすると、円集落の区長から「おい、家が見つかったぞ!」と連絡を受けたそうで、つい最近、家族で円集落に戻ってきたのです。

空き家はすぐに住める状態ではなかったものの、集落の青年団のサポートもあり、2カ月ほどで、広ーい縁側と広ーい廊下のあるとっても素敵なおうちに変身。

K夫妻がビフォアー写真を交えて隅々まで案内してくれました。

いつも縁側で息子と遊んでます

円集落を散策しようと、家を出ると、なんと1歳半になる息子が突然走り出し、集落案内を買って出てくれました(笑)

のびのび育ってます。

僕がいつもお散歩する道だよ~
集落のまんなかに突然現れるガジュマル広場

円集落の空き家は、40軒超え。
道沿いから見える空き家は、ほとんとが老朽化。

昨年の台風で屋根が飛んだままの骸骨状態もありました。

Kさんが家探しに難航した理由もみえてきますね~。

さて、円集落を散策した一行は、龍郷湾に面した龍郷集落へ。

まずは、NPOがサブリースを始める空き家を見学。ここもネズミが出没しておりました💦

家主に半年間寄り添いやっと借りられました
20坪程度の畑付き
誰も住まないのにネズミが・・・この家もネズミと共存生活になることでしょう

龍郷集落を散策をしながら新築match guest house(まっちゲストハウス)に向かいます。

おっきなガジュマル

青い実をつけたパパイヤ

おっきな蜘蛛

小道の向こうに見える海

1度は奄美に来たことのある参加者も、集落に入ったのは初めて。

シャッター音がずーっと続きました。

集落散策しながら、空き家見学

龍郷集落の空き家は13軒(NPO調査)、でも住める状態の家は数軒

ほとんどが、外壁が外れ、軒下が外れ、屋根がはがれかけています。

家が見つからないのも納得~、と参加者。

 

 

でも、家が見つかりにくいって事情ばかりを伝えていてはいけないので、

どうやったら奄美に住めるるのか、

NPOはその答えを、少しずつ増やしているところです。

そのひとつが、match guest house(まっちゲストハウス)

空き地に新築した、シングルカップル向けのコンパクトな規格住宅。

新築も選択肢として提案します。

また、移住を考えている人に、住む前に、中長期に滞在してしま暮らしを体験してもらうための、1棟貸しの宿としても運営しています。

次に一行が向かったのは、同じように「しま暮らしを体験」できる宿です。

瀬留集落のコスモス畑で休憩して癒される参加者

龍郷町中戸口集落にある

しま暮らし体験ハウス「なかほ」

なかほは、方言で中戸口のこと。

新築ではなく中古、シングルではなく家族向けの1棟貸しの宿。

近所のおばちゃんたちとの会話がはずむ集落ド真ん中の一軒家で、

集落の人と人とのつながりを肌で感じたい方におすすめです。

宿泊者が思いで写真をペタペタした集落マップに見入る参加者

そして最後は、奄美市名瀬勝にある ゲストハウス  ハルの家

こちらも空き家を改修した1棟貸しの宿。

奄美大島には数少ない田園のなかにある一軒家。

小鳥のさえずりや川のせせらぎをBGMにゆっくりのんびり過ごせます。

近くの河口で夕日を見ながら今日の振り返り。

普段の観光では見れない集落の風景はとても印象に残ったようでした。

夜はいつもの移住者農家つっちぃのお店「創作キッチンbarくらふと」へ。

かなりエネルギーを消費したツアーだったのでしょう。

最後のメニューしょうがのパスタは8人前を5人でペロリと平らげました。

 

こうしたイベントを毎月開催しています!

詳細はこちらです↓↓↓↓↓↓↓↓
NPO主催「移住体験イベント」