奄美群島の住まい事情

2020年1月7日

沖縄県の北に位置する奄美群島は、8つの有人島があり、人口約10万人が暮らしています。

え!島なのに??ってよく驚かれますが、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島には、港だけでなく空港もあるんです。

意外と便利なんです。

 

南の島に移住したいという方はいらっしゃいますが、最近では沖縄に移住した方からの相談も増えています。家賃がどんどん高くなり暮らせない、文化に馴染めないなど理由は様々です。

そんなわけで、北からも南からも「奄美に住みたい」と人が流入してきているのが奄美群島です。

でも、希望者はいるものの住まい探しは一苦労。

そんな状況を裏付ける数字があります。

奄美大島にある人口6,000人の町の空き家バンクの登録状況です。

空き家バンク利用者数:6年間で90組

空き家バンク掲載物件:6年間で延べ18軒

その差は、72軒!

90組のなかには、既に奄美大島に暮らしている人もいるので、純粋に島外から家を探しに来ている人は約50組、登録者の6割です。

不動産会社はないの?と思われるかもしれませんが、不動産会社が扱う物件の大半は名瀬の中心市街地です。田舎の物件は、年に数軒掲載がある程度です。

タイミング良く見つかる方もいますが、理想の物件を探している方には、島に滞在しながら島の人と仲良くなって家を紹介してもらう。住み込みのアルバイトをしながら情報をキャッチするをお勧めします。

大工仕事に自信があれば、とりあえず雨をしのげる住まいを見つけ、自分で手直ししながら暮らすという選択肢もないわけではありません。

NPOでは、毎月移住体験ツアーを開催しています。
奄美のいろんなタイプの住まいをご紹介しながら、住まい事情を知っていただくツアーです。タイミングがよければ空き家も見学できますよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
次回の移住体験ツアーは
2020年1月24日~25日
詳細はこちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

空き家調査報告会を開催しました

2019年3月4日

2019年2月27日、龍郷公民館にて、空き家・空き地調査報告会を開催しました。

昼の部、夜の部あわせ、町内外から40名もの方にお越しいただきました。

「空き家を持っている方に、集落や町から手紙を出して、空き家に関心を持ってもらうようにしようよ」

「空き家があるけど、一度見てもらえない?」

「NPOと一緒に空き家・空き地問題に取り組みたい。」

など、たくさんのご意見や情報提供、協力の申し出をいただき、本当に感謝しております。

実は、これほどの方にお集まりいただけるとは思ってもいませんでした。
まずは、貴重な時間を割いてお集まりいただけたことに、厚くお礼申しあげます。
ひとつひとつかたちにしていきたいと思います。
今後とも叱咤激励をお願いいたします。

そして、調査・報告に協力いただいた東洋大学の学生のみなさん、龍郷町秋名集落の活動を紹介くださったE’more秋名の村上さん、ありがとうございました!

また、同時開催したバザーにも20名を超える方に参加いただきました。
また、バザー品もご提供いただきました。
売上の12,500円は、みなさまからの寄付としてNPOの活動費に充てさせていただきます。

当日の資料は、お問い合わせください。

※報告会は、平成30年度鹿児島県地域貢献活動サポート事業を活用しています