下水道がないのに合併処理浄化槽設置整備事業補助金が使えない?

2020年6月5日

奄美市の下水道処理は、主に下水道、合併浄化槽の2種類があります。

下水道が未整備であったり、合併浄化槽が設置できない狭い敷地では、単独浄化槽や汲み取り式トイレのままの家もみられます。

NPOの新たなサブリース物件は、移住者の人気集落トップ3に入る用安地区にある空き家歴20年超の物件。

もちろん、トイレは汲み取り式。

下水道が通る集落では下水本管まで接続し、下水道がない集落は汲み取り式から合併浄化槽に転換するのが一般的。

しかし、奄美市に問い合わせると、用安(ようあん)地区は、合併処理浄化槽設置整備事業補助金は対象地区外であることが判明しました。
※奄美市で合併浄化槽設置整備事業補助金が使えるのは、名瀬地区:小宿・崎原など、住用地区:山間以外、笠利地区:川上・和野・節田・平・土浜・喜瀬・打田原・前肥田・手花部など

笠利町の赤木名地区と用安地区は、現在、下水道敷設整備が進められているため、敷設完了後に各世帯が下水道管に接続することになります。

用安地区は、敷設完了が令和5年=3年後!!!!

どうしても水洗にしたい場合は、自己負担で合併浄化槽を設置することになります。古い汲み取り式トイレを塞ぎ、新たな場所に水洗トイレと合併浄化槽を設置します。

古いトイレを塞ぐ費用や新しいトイレ設備を含めると80万円~100万円ほどかかるのではないかと思います。
※設置業者は、各自治体の担当課にお問合せ下さい。

奄美群島12市町村の下水道についてはこちら(奄美群島への移住情報サイトねりやかなやHP)

ぼっとん便所を水洗化

2018年10月8日

ぼっとんトレイ(汲み取り式トイレ)から水洗トイレ(合併浄化槽)に改修する工事は、さすがに業者さんにお願いです。
※合併浄化槽の設置には、補助が出る自治体もあるので業者や自治体への確認をお忘れなく。

ぼっとんトイレは便器を外して、穴を埋め、

既設のぼっとんトイレ

浄化槽を入れる穴を掘って、浄化槽を埋め、

浄化槽を設置する穴を掘って
浄化槽を埋める

便器などを設置して完成!

新設した水洗トイレと洗面所

DIY物件第1号 思わぬハプニング~浄化槽が・・・

2018年3月4日

漸く見つけた空き家。

山裾の家

シロアリに続くハプニングは、浄化槽でした

みなさん、そもそも浄化槽ってご存知ですか?

下水道が通っていない地域で、し尿や台所などからの排水を微生物の働きによってきれいな水にして川などに流す装置です。
奄美群島には、下水道の通っているエリアは一部しかなく、多くが浄化槽地域です。

浄化槽には単独と合併があります。

し尿だけ処理するのが単独浄化槽
マンホールの蓋みたいなのが2つ。
※平成13年度から原則新設は禁止されている。

単独浄化槽

し尿だけでなく、台所やお風呂などの生活雑排水も一緒に処理するのが合併浄化槽。蓋が3つのものが大半です。

合併浄化槽

どちらも、室内のトイレは、水洗トイレです。

敷地が狭い関係で浄化槽が設置できずまだ汲み取り式のトイレもあります。
外気に臭いを排出する煙突のような臭突(しゅうとつ)が目印です。

汲み取り式

ちなみに、「ボットン便所」といわれるのはこちら。

由緒正しきボットン便所

と、トイレの話はここまで。

浄化槽の話に戻ると、

浄化槽は下水道と違って、維持管理が必要です。
なんと、浄化槽法という法律があって、守らないと罰金!などの罰則があります。

何をやらなきゃいけないかというと
・年に1回以上の清掃
・数か月に1回以上の保守点検
・年に1回の定期検査

ちなみに、”山裾の家”は単独浄化槽(5人槽)で、年間約3万円の費用がかかります。(毎月の水道代は別)

龍郷町の場合、この維持管理は民間の清掃業者に委託しないといけません。

でも実は、浄化槽の維持管理が必要なことを知らなかったので、しばらく維持管理をしていませんでした。

ある日、地元の人からの指摘で維持管理が必要なことを知り、慌てて契約。

そして、しばらく維持管理されていなかったために、通常3万円の清掃費で済むところ、なんと8万円の清掃費を払う羽目に!

さらに、清掃費だけじゃありません!

汚水を分解する微生物に酸素を送り込むブロワと呼ばれる装置が壊れていたら、4万円近くの追加出費がかかることになります。

滅多にないけれど、浄化槽にひびが入っているなどして本体ごと取り換えが必要なこともあるようです。

浄化槽が設置されているかチェックも必要だけど、浄化槽を稼働するのにかかる清掃費もちゃんと見積もってもらう必要ありますね。